銭形平次捕物控(ぜにがたへいじとりものひかえ)


「親分は源氏げんじですか、それとも平家ですか」
 ガラツ八の八五郎は、いきなりそんなことを言ふのです。御用も一段落になつた春のある日、後ろに一立齋りふさい廣重ひろしげがよく描いた、桃色の空を眺めて、一本の煙管をあつちへやつたり、此方へ取つたり、結構な半日を、百にもならぬ無駄話に暮らすのです。
ほたるかにぢやあるめえし、源氏だらうと平家だらうと一向構はないぢやないか」
 錢形平次は氣のない返事でした。天氣は上々、春はたけなは、これからお靜の手料理で、八五郎とみ交すのが、まさに一刻千金いつこくせんきんの有難さだつたのです。
「虫や魚の話ぢやありませんよ。それ、何處どこの家にも祖先といふのがあるでせう。その過去帳くわこちやう見たいな卷物を――何んとか言ひましたね」
系圖けいづだらう」
「さう、さう、そのけえづのことですがね」
「下らねえ詮索せんさくだ。俺の家は親代々の御用聞き、胞衣えなを引つくり返しや、寛永通寶のもんが附いてゐる」
ぜつ返さないで下さい。筋のある話なんだから」
「さうだらうとも、五匁玉半分煙にして、空茶からちや藥罐やくわんで三杯もあけるのは、容易なことぢやあるめえと思つて居たよ。そんなに言ひにくいところを見ると、女房が欲しいのか、金が要るのか、それとも――」
「どつちも欲しかありませんよ。痩せ我慢のやうだが、江戸中の娘にがつかりさせるのも殺生だし、御用聞が金を貰ふと、後が怖いから」
「良い心掛けだよ、お前は」
「そのけえづなんですがね、親分。一つ搜して見る氣になりませんか。首尾よく手に入ると、御褒美の金が何んと小判で百兩」
「止さないか、馬鹿々々しい。そんなものに掛り合つてゐると、御家の騷動に捲き込まれて、腹を切らされるよ」
「へエ、さうでせうか?」
「歌舞伎芝居や黄表紙きべうしにあるだらう。紛失物は大概たいがいきまつて居るよ。小倉の色紙に、讓葉ゆづりは御鏡おかゞみさ。それからそれ、御家の系圖だ。皆んな一度は惡人の手に入つて、大騷ぎするにきまつて居る」
 平次はまるつ切り相手にしません。
「さう言はずに聽いて下さいよ。お禮は兎も角、こいつは滅法めつぽふ面白い仕事で、引受け甲斐がありますぜ」
「何處かでまた、おだてられて來たんだらう。兎も角、話して見な。事と次第では、小出しの智惠を貸さないものでもない」
「有難いね、親分が引受けて下されば、系圖けえづの方から、手土産を持つて出て來ますよ」
おだてちやいけねえ」
「親分は、染井右近うこんといふ人を御存じでせうね」
「そんな小父をぢさんは知らないよ」
「小父さんぢやありません。江戸開府けえふ前の名家とやらで」
「ハテネ?」
 八五郎の話は、相變らずまことにらちのないものでしたが、それでも、これだけのことはわかりました。
 染井右近といふのは、王朝時代にあづまに下つた、業平朝臣なりひらあそんすゑだとも言ひ、染井村に土着して、代々豪士として勢威を振ひ、太田道灌だうくわんが江戸にきづいた頃は、それに仕官して軍功を樹てましたが、徳川家康入府の際には、率先その旗下に參じて忠誠を盡し、大名にも取立てらるべき筈のところ、にはか大患たいくわんを發したのと、日頃隱遁いんとんの志があつたために、身を退いて巣鴨に隱れ、昔乍らの豪士として、幾代かを經たといふのです。
 染井の當代は三郎と言つて五十になつたばかり。氣の毒なことに中風を發して半身不隨になり、甥の染井福之助に養はれて、厄介者扱ひにされて居りますが、近頃になつて當代の上樣から、格別の御聲掛りがあり、東照權現樣御入國の際の功勞者の一人として、急に召出されることになつたのです。
 もとより、世をへだてたことであり、染井右近の子孫を確めるのも容易のことではなく、江戸氏、染井氏と言つた人達の嫡々ちやく/\は、確かな系圖を持參、龍之口に出頭すれば、分に應じて、御家人、旗本に取立てられ、次第によつては、大名にもなれまいものでもあるまいといふ、誠に棚から牡丹餅ぼたもちの沙汰です。
 その頃の人達――わけても若い野心家達は、出世といふことを、どんなに熱望したことでせう。家柄や門閥もんばつの垣に閉ぢこめられて、大名の子は大名、町人の子は町人、乞食の子は乞食、其處から一歩も踏出すことは出來なかつた世の中です。
 假に金を積んで旗本御家人の株を買ふことが出來たといつても、その爲には少なくとも數千金を投じなければならず、一般の貧乏人などには、どんなに才能があつたところで、出世や立身などといふことは、夢のやうな話です。
 それが、祖先の手柄を認められて、公儀からお召となつたのですから、染井家一門の喜びは大變なもの。