みだれ髪(明治34年)(みだれがみ(めいじさんじゅうよねん))

蓮の花船
99,漕ぎかへる,夕船(ゆふぶね)おそき,僧の君,紅蓮(ぐれん)や多き,しら蓮(はす)や多き
100,あづまやに,水のおときく,藤の夕,はづしますなの,ひくき枕よ
101,御袖ならず,御髮(みぐし)のたけと,きこえたり,七尺いづれ,しら藤の花
102,夏花の,すがたは細き,くれなゐに,眞晝(まひる)いきむの,戀よこの子よ
103,肩おちて,經(きゃう)にゆらぎの,そぞろ髮,をとめ有心者(うしんじゃ),春の雲こき
104,とき髮を,若枝(わかえ)にからむ,風の西よ,二尺足らぬ,うつくしき虹
105,うながされて,汀(みぎは)の闇(やみ)に,車おりぬ,ほの紫の,反橋(そりはし)の藤(ふぢ)
106,われとなく,梭(をさ)の手とめし,門(かど)の唄(うた),姉がゑまひの,底はづかしき
107,ゆあがりの,みじまひなりて,姿見に,笑みし昨日(きのふ)の,無きにしもあらず
108,人まへを,袂すべりし,きぬでまり,知らずと云ひて,かかへてにげぬ
109,ひとつ篋(はこ)に,ひひなをさめて,蓋(ふた)とぢて,何となき息(いき),桃にはばかる
110,ほの見しは,奈良のはづれの,若葉宿(わかばやど),うすまゆずみの,なつかしかりし
111,紅(あけ)に名の,知らぬ花さく,野の小道(こみち),いそぎたまふな,小傘(をがさ)の一人(ひとり)
112,くだり船,昨夜(よべ)月かげに,歌そめし,御堂(みどう)の壁も,見えず見えずなりぬ
113,師の君の,目を病みませる,庵(いほ)の庭へ,うつしまゐらす,白菊の花
114,文字ほそく,君が歌ひとつ,染めつけぬ,玉虫(たまむし)ひめし,小筥(こばこ)の蓋(ふた)に
115,ゆふぐれを,篭へ鳥よぶ,いもうとの,爪先(つまさき)ぬらす,海棠の雨
116,ゆく春を,えらびよしある,絹袷衣(きぬあはせ),ねびのよそめを,一人(ひとり)に問ひぬ
117,ぬしいはず,とれなの筆の,水の夕,そよ墨足らぬ,撫子(なでしこ)がさね
118,母よびて,あかつき問ひし,君といはれ,そむくる片頬,柳にふれぬ
119,のろひ歌,かきかさねたる,反古(ほご)とりて,黒き胡蝶を,おさへぬるかな
120,額(ぬか)しろき,聖よ見ずや,夕ぐれを,海棠に立つ,春夢見姿(はるゆめみすがた)
121,笛の音に,法華經うつす,手をとどめ,ひそめし眉よ,まだうらわかき
122,白檀(びゃくだん)の,けむりこなたへ,絶えずあふる,にくき扇を,うばひぬるかな
123,母なるが,枕經(まくらぎゃう)よむ,かたはらの,ちひさき足を,うつくしと見き
124,わが歌に,瞳(ひとみ)のいろを,うるませし,その君去りて,十日たちにけり
125,かたみぞと,風なつかしむ,小扇の,かなめあやふく,なりにけるかな
126,春の川,のりあひ舟の,わかき子が,昨夜(よべ)の泊(とまり)の,唄(うた)ねたましき
127,泣かで急げ,やは手にはばき,解くえにし,えにし持つ子の,夕を待たむ
128,燕なく,朝をはばきの,紐(ひも)ぞゆるき,柳かすむや,その家(や)のめぐり
129,小川われ,村のはづれの,柳かげに,消えぬ姿を,泣く子朝(あさ)見(み)し
130,鴬に,朝寒からぬ,京の山,おち椿ふむ,人むつまじき
131,道たま/\,蓮月が庵の,あとに出でぬ,梅に相行く,西の京の山
132,君が前に,李春蓮説く,この子ならず,よき墨なきを,梅にかこつな
133,あるときは,ねたしと見たる,友の髮に,香の煙の,はひかかるかな
134,わが春の,二十姿(はたちすがた)と,打ぞ見ぬ,底くれなゐの,うす色牡丹
135,春はただ,盃にこそ,注(つ)ぐべけれ,智慧あり顏の,木蓮や花
136,さはいへど,君が昨日(きのふ)の,戀がたり,ひだり枕の,切なき夜半よ
137,人そぞろ,宵の羽織の,肩うらへ,かきしは歌か,芙蓉といふ文字
138,琴の上に,梅の實おつる,宿の晝よ,ちかき清水に,歌ずする君
139,うたたねの,君がかたへの,旅づつみ,戀の詩集の,古きあたらしき
140,戸に倚りて,菖蒲(あやめ)賣(う)る子が,ひたひ髮に,かかる薄靄(うすもや),にほひある朝
141,五月雨(さみだれ)も,むかしに遠き,山の庵,通夜(つや)する人に,卯の花いけぬ
142,四十八寺(...ぢ),そのひと寺(てら)の,鐘なりぬ,今し江の北,雨雲(あまぐも)ひくき
143,人の子に,かせしは罪か,わがかひな,白きは神に,などゆづるべき
144,ふりかへり,許したまへの,袖だたみ,闇(やみ)くる風に,春ときめきぬ
145,夕ふるは,なさけの雨よ,旅の君,ちか道とはで,宿とりたまへ
146,巖(いは)をはなれ,谿(たに)をくだりて,躑躅(つゝじ)をりて,都の繪師と,水に別れぬ
147,春の日を,戀に誰れ倚る,しら壁ぞ,憂きは旅の子,藤たそがるる