みずかきジェマイマのはなし(みずかきジェマイマのはなし)

表紙絵

口絵1
口絵2
ラルフと ベッツィに おくる まきばの はなし

挿絵1
 ほんと おかしな えづらですよね。 ほら、 あひるのこが めんどりと いっしょに いるんですよ!
 ―― いまから はなすのは、 みずかきジェマイマの ものがたり。 このあひるさん、 まきばの おくさんが じぶんに たまごを かえさせてくれないと、 なやんでおりました。

挿絵2
 だんなの おねえさんの みずかきリベカは、 たまごを あたためるにしても はじめから だれかに まかせっぱなしで ――「わたし こらえしょうが ないから、 28にちも たまごのうえに すわりきりだなんて むり。 そうでしょ、 ジェマイマ。 あんた いつも さましちゃうじゃない、 ほら!」
「ほんとは たまご かえしたいんだけど。 みんな じぶんで かえしたいんだけど。」と みずかきジェマイマは がーがー。

挿絵3
 じぶんの たまごを かくしてもみました。 ところが いつも みつかって とりあげられるのです。
 もう やけになった みずかきジェマイマは いっそのこと まきばから とおく はなれたところで うむことに しまして。

挿絵4
 まきばを あとにしたのは、 はれた はるのひの ひるさがり、 おかの むこうまで つづく いなかみちを すすみます。
 よそいきの かたかけと おぼうしを みにつけて。

挿絵5
 おかの てっぺんに つくと、 とおくに もりが みえてきました。
 そこで ふと おもいます、 あそこなら しずかで おちつけそうだ、 と。

挿絵6
 みずかきジェマイマは あまり とびなれては なかったのですが、 かたかけを なびかせながら おかを すこしばかり かけおり、 そらへ むかって とびたちました。

挿絵7
 とびだしが うまくいくと、 かぜにも きれいに のれて。
 うしろへ ながれていく きぎを しりめに、 やがて もりの まんなかあたり ひらけたところが みえてきます。 そこは きりひらかれて、 きも やぶも ありません。

挿絵8
 ジェマイマは こころもち もたもたと おりたつと、 そのあとは うむのに ちょうどいい からっとしたところを さがして あたりを よちよち。 せのたかい キツネノテブクロを みつけると このあたりの きりかぶは どうかなと おもいまして。
 ところが ―― きりかぶは おさきに とられていまして、 びっくりしたの なんの、 みると みなりのいい とのがたが しんぶんを よんでいたのです。
 くろの とんがり おみみに、 すないろの おひげ。
「がー?」と みずかきジェマイマは あたまと おぼうしを かしげます ――「がー?」

挿絵9
 とのがたは しんぶんから めを あげると、 くいいるように ジェマイマを みつめまして ――
「おくさん、 まいごですかな?」と そういう とのがたは おしりのしたに ふさふさの ながい しっぽを しいておりまして。 きりかぶが そこそこ しめっていたのです。
 ジェマイマには、 すこぶる ぎょうぎよく ひんのある ひとだと おもえまして。 じぶんは まいごなのでは なく、 たまごを かえすに ちょうどいい からっとしたところを さがしに きているのだと、 わけを はなしました。

挿絵10
「ああ! そうでしたか、 なるほど!」と すないろ おひげの とのがたが くいいるように ジェマイマを みつめます。 しんぶんを たたんで、 うしろすそにある ポケットへ しまいました。
 ジェマイマが めんどりは じゃまものだと ぐちを いいますと、
「なるほど! それは それは! そのにわとりとやらに おあいしたいものです。 ひとつ そやつに みのほどを おもいしらせて やりましょうぞ!」

挿絵11
「ときに たまごを かえすところですが ―― わけも ありません。 うちの まきごやには はねが やまと あります。 もちろん おくさま、 じゃまなんて はいりませんよ。 どうぞ おすきなだけ そこに おすわりになって かまわないのです。」と ふわふわ ながい しっぽの とのがたが いいます。
 つれてこられたのは、 キツネノテブクロが たくさん はえた おくの おくにある いっけんの わびごやでした。
 そだと しばつちで できていて、 こわれた バケツが ふたつ、 えんとつがわりに たてに かさねられています。

挿絵12
「こちらは なつの べっそうでして、 うちの あなぐら ―― いや、 ふゆの いえでは ―― ぐあいが わるいでしょうから。」と ぬかりない とのがた。
 なんと そのこやの うらてに、 もうひとつ ふるい きばこで つくられた あばらやが ありまして。 とのがたは ドアを あけて、 そこへ ジェマイマを とおします。

挿絵13
 あばらやじゅうに はねの けが ぎっしり つまっておりまして ―― それは もう いきが つまりそうなくらいに。 ところが そのぶん とっても ふかふかで きもちよく。