ババールとサンタのおじさん(ババールとサンタのおじさん)

扉絵

挿絵1
「なあ、 みんな!」
 あるひ こざるの ゼフィルが、 アルチュール、 ポム、 フロール、 アレクサンドルに よびかけます。
「きいてくれ、 さっき すげえ はなしを みみに したんだ。 にんげんの うちには、 まいとし クリスマスイヴの よるに すっげえ やさしい おじさん、 それも もじゃもじゃ しろひげで あかいふくに とんがりぼうしの やつが、 そらを とんでくるらしいぜ。 どっさり おもちゃを はこんできて、 そいつを こどもに くれるんだとさ。 そいつ サンタの おじさんって いうんだってな。 なかなか すがたが おがめないみたいで、 こっちが ねむってるあいだに えんとつから しのびこむとか。 あくるあさ くつしたのなかに おもちゃが あるってんで こどもたちも きたんだなって わかるらしい。 どうだ、 おれたちも そいつに ひとつ てがみを かいてみないか。 ぞうの くに、 おれらんとこにも きてくれってさ。」
挿絵2
 アレクサンドルが いいます。「いいね、 やろう やろう!」
「でも おてがみ なんて かけばいいかな?」と いうのは アルチュール。 そこで ポムが ひとこと。
「そりゃ サンタに かくとなれば ぼくたちの ほしいものじゃ ないの。」
「じゃあ じっくり かんがえて かかなきゃ。」
 さいごに フロールが そう いうと、 みんなは くちを つぐんで しばらく かんがえごと。
 ゼフィルが まっさきに おもいつくのは やっぱり じてんしゃ。 フロールが もらえて うれしいのは おにんぎょうさんで、 アレクサンドルは むしとりあみが ほしいし、 ポムは ふくろいっぱいの あめと くまの ぬいぐるみ。 アルチュールと きたら てつどうもけいを ゆめみる しまつ。
挿絵3
 それぞれ ほしいものも きまると、 いちばん じの うまい ゼフィルが ふでを とることに なりまして。 みんな それを そばで まじまじ。 アルチュールが わすれず ふうとうに きってを はりまして。 そして ひとりずつ じぶんの なまえを かきおわると、 うきうきと ぜんいんで てがみを ポストへ いれにいきます。
挿絵4
挿絵5
 それからというもの 5にんは あさに なるたび ゆうびんやさんが くるのを まちかまえまして。 かげが みえると いそいで むかえにゆくのですが、 ああ ゆうびんやさんが いつも どれだけ さがしても サンタさんからの へんじは きていません。 あるひ ババールが そんな こどもたちに きづきまして。
「おや どうして こどもたちが。 おもてで すっかり しょげている。」
挿絵6
 すぐさま ババールは こえを かけます。
「ふむ、 こどもたち これは なにごとかね?」
挿絵7
 ゼフィルは てがみのことを うちあけます。 すると ババールは このように いいまして。
「なに、 おへんじが ないのだろ? きってを はるの わすれたんじゃないか。」
「ううん、 それは ちゃんと アルチュールが。」
「となると、 サンタの おじさんは なかなか おへんじの じかんが とれないのさ。 まあ きばらしに あそんでなさい。 おかげで もっと いいことを おもいついたかもしれん。」
 パイプを ふかせながら さんぽする ババール。 いったりきたり あるきながら おもうのです。
挿絵8
「どうして もっと はやく きがつかなかった! こっちから サンタさんに たのみにいけば いいのだ。 ぞうの くにへ きてくれって。 こうなると いまから さがしにでるのが いちばん いいな。 じかに はなしを すれば むこうも むげには ことわるまい。」
挿絵9
 こころを きめた ババールは、 あわてて にづくりの おてつだいに セレストを よびまして。 おともしたいと いう セレストに、 ババールは さとします。 じぶんの るすのあいだ くにを まかせられるのは おまえだけだと、 それに むこうも しらない やつらが いちどに おおぜいで やってきたら やっぱり あいたがらないのでは ないかと。
 すんなりと たびは すすみ、 ヨーロッパに ついた ババールは れっしゃを おりまして。 おしのびなので かんむりは かぶっていません。
挿絵10
挿絵11
 ババールが あんないされたのは こぢんまりとした むかしながらの ホテル。 あてがられた へやも なかなかのもので。 うわぎと ぼうしを ぬいで、 さっそく からだを きれいにします。 ここで ちゃんとしておけば やっぱり すっきりしますからね。 とはいえ からだを ふきながら きになることも ありまして。
挿絵12
「それにしても かすかに きこえる このおと、 いったい なんなんだ?」
 てを とめて、 ぐるりと あたりを みまわしますと、 ふいに めに とびこんできたのが なんと 3びきの こねずみ。 そのうち 1ぴきが おじけづくことも なく こちらに はなしかけてきまして。