世評(一幕二場)(せひょう(いちまくにば))

――よしと云ひあしと云はれつ難波がた
      うきふししげき世を渡るかな――


すべて知れず。

路のほとりに緑の草の生えた広場があり、その広場に一群の隊商が休息している。遠景にアラビア風の都会。隊商の中に、隊長と覚しく骨格逞しき老年の男がいる。妻を伴っている。妻は楚々そそとして美しき女。隊商を囲んで多くの見物人が居る。見物の男女幾人とも知れがたし。

見物の男一 何処どこから何処へ行く隊商だ。
男二 知らない。ついぞ見知らない人種だ。
男三 いや、俺は知っている。この人達は、西の方から来たのだ。
男一 西の方からって。
男三 西方の国からだ。紅海に近いツクセン人だ。
男一 なるほど。道理でみんな色が黒い。
男二 だが、あの隊長の妻だけは美しいな。バグダッドにだって、あんな美しい女はいない。
男五 少しお出額でこだが、聡明そのものと云った顔だ。あの眸、理智に輝いている美しさったらない。俺は、あんな女を妻にほしい。
男三 あはははは。あの女丈は、ツクセン人じゃないんだ。あの女はバグダッドの貴族だ。
男一 なに貴族だって。嘘を云っちゃ困る。貴族の娘が、どうしてあんな隊長の妻になったのだ。
男三 それは、お前バグダッドでも、評判になった話だ。あの娘の兄が、あの娘を売ったのだ。
男一 なるほど可愛そうに。
男三 五つのダイヤモンドと六つの黒真珠とが、あの娘の価だと云っている。
女一 可愛そうに。貴族の娘に生れながら、売られるなんて、ほんとに不幸せな方ね。
女二 おや! 御覧。あの女が足を動かしたよ。おや、足に何か光る物が付いている。おや! 鎖だ! 鎖だ!
女三 銀の鎖だよ。
女四 装飾品のように、手奇麗に美しく出来ている。でもやっぱり鎖は鎖だわね……。
女五 でも、胸にはあんな美しい胸飾りをつけている。
女六 でも、鎖が足に付いていては、可愛そうだわねえ。
女一 悲しそうにしているわねえ。涙が絶えず溢れているような眸をしているわねえ。
女四 可愛そうに。あれでは妻だか女奴隷だか分らないわねえ。
男三 もうもう金で買っただけに、安心が出来ないんですよ。それに年が、親子ほどにも違いますからね。
女二 いくら違っていましょう。三十は違っているでしょう。
女三 そんなでもないわ。女だって、もう二十四五にはなるわ。
男一 もう、五十を越しているくせに、あんな若い女房をつれ廻していやらしい老爺だな。
女一 金で買われて、あんな老人の妻になるなんて、考えた丈でも身ぶるいがするわ。
女二 でも御覧なさい! 耳輪にも、ダイヤモンドが光っていますよ。それにあの老人だって、それほど邪慳じゃけんでもなさそうよ。
女三 まあ、あんなに足に鎖が付いていては、本当に愛なんかありっこはないわ。
女四 気の毒ね、一生をあんな境遇に過すなんて。
男三 貴女方が同情する以上に、あの女は自分の境遇を嘆いているのですよ。
男二 いい女なんだな。あんないい女が、あんな老人の妻になっていると云う丈でも、義憤を感ずるよ。
男三 おい、あまり大きい声を出したら困るよ。自分のことが、噂になっていることを感づいて真赤になっているよ。
男一 我々が同情しているのを知って嬉しいだろうか。
男三 勝気な女だと云うから哀れまれると云うことに、いい感じはしまい。でも嬉しくなくもないだろう。
女一 おや亭主の老人は、立ち上りましたね。
女二 ノソノソとどこかへ歩いて行きますね。
女三 なに用足しに行ったのでしょう。
女四 でも、ホンの少しの間でも、あの美しい女の傍に醜い老人の亭主が居ないと云うことは、うれしいことだわねえ。
女一 気のせいか、あの女の顔色がはればれとしましたね。
女二 おや。あの女の人も立ち上りましたね。
女三 おや。身づくろいをしますね。
男二 おや歌をうたうのだよ。
男三 あの女は、バグダッドの貴族社会でも有名な歌い手だよ。
(皆きき惚れる)
女四 おお、何と云ういい声だ。
女五 うっとりするようないい声だ。
女一 一つ一つの言葉が、あの人の悲しみで、裏づけられている。
女三 何だか文句が、はっきり分らなかったね。
男三 身体は、売ったがわが魂は、ソロモンの富を以てしても売らないとこう云っているのです。
女達 もっともだわねえ。同情するわねえ。ほんとに可愛そうですわねえ。
男一 おや、また何か歌っているな。
男五 いい声だ。ふるい付きたいようないい声だ。
男三 金銭の恋、偽りの愛を捨てて、本当に真心で自分を愛してくれる青年の胸に抱かれたいと云うのだ!
男一 尤もだ。
男二 俺が救ってやる。
男五 いや俺が救ってやる。
男四 いや俺が救う。
男一 その鎖を断ってしまえ!
男五 あの老人を踏みつぶしてしまえ。