犬と笛(いぬとふえ)

    いく子さんに献ず

        一

 昔、大和やまとの国葛城山かつらぎやまの麓に、髪長彦かみながひこという若い木樵きこりが住んでいました。これは顔かたちが女のようにやさしくって、そのうえ髪までも女のように長かったものですから、こういう名前をつけられていたのです。
 髪長彦かみながひこは、大そうふえが上手でしたから、山へ木をりに行く時でも、仕事の合い間合い間には、腰にさしている笛を出して、独りでそのを楽しんでいました。するとまた不思議なことには、どんな鳥獣とりけもの草木くさきでも、笛の面白さはわかるのでしょう。髪長彦がそれを吹き出すと、草はなびき、木はそよぎ、鳥や獣はまわりへ来て、じっとしまいまで聞いていました。
 ところがある日のこと、髪長彦はいつもの通り、とある大木の根がたに腰を卸しながら、余念もなく笛を吹いていますと、たちまち自分の目の前へ、青い勾玉まがたまを沢山ぶらさげた、足の一本しかない大男が現れて、
「お前は仲々笛がうまいな。おれはずっと昔から山奥の洞穴ほらあなで、神代かみよの夢ばかり見ていたが、お前が木をりに来始めてからは、その笛の音に誘われて、毎日面白い思をしていた。そこで今日はそのお礼に、ここまでわざわざ来たのだから、何でも好きなものを望むがい。」と言いました。
 そこで木樵きこりは、しばらく考えていましたが、
わたくしは犬が好きですから、どうか犬を一匹下さい。」と答えました。
 すると、大男は笑いながら、
「高が犬を一匹くれなどとは、お前も余っ程欲のない男だ。しかしその欲のないのも感心だから、ほかにはまたとないような不思議な犬をくれてやろう。こう言うおれは、葛城山かつらぎやま足一あしひとつの神だ。」と言って、一声高く口笛を鳴らしますと、森の奥から一匹の白犬が、落葉を蹴立ててけて来ました。
 足一つの神はその犬を指して、
「これは名を嗅げと言って、どんな遠い所の事でもぎ出して来る利口な犬だ。では、一生おれの代りに、大事に飼ってやってくれ。」と言うかと思うと、その姿は霧のように消えて、見えなくなってしまいました。
 髪長彦は大喜びで、この白犬と一しょに里へ帰って来ましたが、あくる日また、山へ行って、何気なにげなく笛を鳴らしていると、今度は黒い勾玉まがたまを首へかけた、手の一本しかない大男が、どこからか形を現して、
「きのう己の兄きの足一つの神が、お前に犬をやったそうだから、己も今日は礼をしようと思ってやって来た。何か欲しいものがあるのなら、遠慮なく言うが好い。己は葛城山の手一てひとつの神だ。」と言いました。
 そうして髪長彦が、また「げにも負けないような犬が欲しい。」と答えますと、大男はすぐに口笛を吹いて、一匹の黒犬を呼び出しながら、
「この犬の名は飛べと言って、誰でも背中へ乗ってさえすれば百里でも千里でも、空を飛んで行くことが出来る。明日あしたはまた己の弟が、何かお前に礼をするだろう。」と言って、前のようにどこかへ消え失せてしまいました。
 するとあくる日は、まだ、笛を吹くか吹かないのに、赤い勾玉まがたまを飾りにした、目の一つしかない大男が、風のように空から舞い下って、
おれ葛城山かつらぎやま目一めひとつの神だ、兄きたちがお前に礼をしたそうだから、己も嗅げ飛べに劣らないような、立派な犬をくれてやろう。」と言ったと思うと、もう口笛の声が森中にひびき渡って、一匹の斑犬ぶちいぬきばをむき出しながら、駈けて来ました。
「これは噛めという犬だ。この犬を相手にしたが最後、どんな恐しい鬼神おにがみでも、きっと一噛ひとかみに噛み殺されてしまう。ただ、おれたちのやった犬は、どんな遠いところにいても、お前が笛を吹きさえすれば、きっとそこへ帰って来るが、笛がなければ来ないから、それを忘れずにいるが好い。」
 そう言いながら目一つの神は、また森の木の葉をふるわせて、風のように舞い上ってしまいました。

        二

 それから四五日たったある日のことです。髪長彦は三匹の犬をつれて、葛城山かつらぎやまの麓にある、路が三叉みつまたになった往来へ、笛を吹きながら来かかりますと、右と左と両方の路から、弓矢に身をかためた、二人の年若な侍が、たくましい馬にまたがって、しずしずこっちへやって来ました。
 髪長彦はそれを見ると、吹いていた笛を腰へさして、叮嚀におじぎをしながら、
「もし、もし、殿様、あなた方は一体、どちらへいらっしゃるのでございます。」と尋ねました。
 すると二人の侍が、かわがわる答えますには、