二銭銅貨(にせんどうか)


「あの泥坊がうらやましい」二人の間にこんな言葉がかわされる程、其頃そのころ窮迫きゅうはくしていた。
 場末ばすえの貧弱な下駄屋の二階の、ただ一間しかない六畳に、一閑張りの破れ机を二つ並べて、松村武とこの私とが、変な空想ばかりたくましゅうして、ゴロゴロしていた頃のお話である。
 もう何もかも行詰ってしまって、動きの取れなかった二人は、丁度その頃世間を騒がせた大泥坊の、巧みなやり口を羨む様な、さもしい心持こころもちになっていた。
 その泥坊事件というのが、このお話の本筋に大関係を持っているので、ここにザッとそれをお話して置くことにする。
 芝区のさる大きな電気工場の職工給料日当日の出来事であった。十数名の賃銀計算係が、一万に近い職工のタイム・カードから、夫々それぞれ一ヶ月の賃銀を計算して、山と積まれた給料袋の中へ、当日銀行から引出された、一番の支那鞄に一杯もあろうという、二十円、十円、五円などの紙幣さつを汗だくになって詰込んでいる最中に、事務所の玄関へ一人の紳士が訪れた。
 受付の女が来意を尋ねると、私は朝日新聞の記者であるが、支配人に一寸ちょっとお眼にかかりいという。そこで女が、東京朝日新聞社会部記者と肩書のある名刺を持って、支配人にこの事を通じた。
 さいわいなことには、この支配人は、新聞記者操縦法がうまいことを、一つの自慢にしている男であった。のみならず、新聞記者を相手に、法螺ほらを吹いたり、自分の話が何々氏談などとして、新聞に載せられたりすることは、大人気ないとは思いながら、誰しも悪い気持はしないものである。社会部記者と称する男は、むしこころよく支配人の部屋へしょうじられた。
 大きな鼈甲縁べっこうぶちの眼鏡をかけ、美しい口髭くちひげをはやし、気の利いた黒のモーニングに、流行の折鞄おりかばんという扮装いでたちのその男は、如何いかにも物慣れた調子で、支配人の前の椅子に腰を下した。そしてシガレット・ケースから、高価な埃及エジプトの紙巻煙草を取出して、卓上の灰皿に添えられた燐寸マッチを手際よくると、青味がかった煙を、支配人の鼻先へフッと吹出した。
「貴下の職工待遇問題に関する御意見を」
 とか、何とか、新聞記者特有の、相手を呑んでかかった様な、それでいて、どこか無邪気な、人懐っこい調子で、その男はこう切出した。
 そこで支配人は、労働問題について、多分は労資協調、温情主義という様なことを、大いに論じた訳であるが、それはこの話に関係がないから略するとして、約三十分ばかり支配人のしつに居った所の、その新聞記者が、支配人が一席弁じ終ったところで「一寸失敬」といって便所に立った間に、姿を消して了ったのである。
 支配人は、無作法な奴だ位で、別に気にもとめないで、丁度昼食の時間だったので、食堂へと出掛けて行ったが、しばらくすると近所の洋食屋から取ったビフテキか何かを頬張っていた所の支配人の前へ、会計主任の男が、顔色を変えて、飛んで来て、報告することには、
「賃銀支払の金がなくなりました。とられました」
 と云うのだ。
 驚いた支配人が、食事などはそのままにして、金のなくなったとう現場へ来て調べて見ると、この突然の盗難の仔細しさいは、大体次の様に想像することが出来たのである。
 丁度その当時、その工場の事務室が改築中であったので、いつもなれば、厳重に戸締りの出来る特別の部屋で行われるはずの賃銀計算の仕事が、其日は、仮に支配人室の隣の応接間で行われたのであるが、昼食の休憩時間に、どうした物の間違いか、其応接間がからになって了ったのである。事務員達は、お互に誰か残ってれるだろうという様な考えで、一人残らず食堂へ行って了って、後には支那鞄に充満した札束が、ドアには鍵もかからないその部屋に、約半時間程も、ほうり出されてあったのだ。そのすきに、何者かが忍入しのびいって、大金を持去ったものに相違ない。それも、既に給料袋に入れられた分や、こまかい紙幣には手もつけないで、支那鞄の中の二十円札と十円札の束けを持去ったのである。損害高は約五万円であった。
 色々調べて見たが、結局、どうも先程の新聞記者が怪しいということになった。新聞社へ電話をかけて見ると、案の定、そういう男は本社員の中にはないという返事だ。そこで、警察へ電話をかけるやら、賃銀支払を延す訳には行かぬので、銀行へ改めて二十円札と十円札の準備を頼むやら、大変な騒ぎになったのである。
 の新聞記者と自称して、お人よしの支配人に無駄な議論をさせた男は、実に、当時新聞が、紳士盗賊という尊称をもって書き立てた所の大泥坊であったのだ。