身体検査(しんたいけんさ)


 フョードル・クジミッチ・チェーチェニコフ――これがソログーブの本名ほんみょうである。フョードルは、クジミッチは父称ふしょうといって、父親ちちおや特定とくてい語尾ごびをつけて、自分じぶん併用へいようするものである。
 かれは千八百六十三ねんペテルブルグでまれた。ちちはポルタワけん出身しゅっしん仕立屋したてやで、はは農婦のうふあがりだった。ソログーブが四つのときにちちんで以来いらいはははよそのいえ女中奉公じょちゅうぼうこうをして一人子ひとりごそだげた。ソログーブはおさなときからはは奉公先ほうこうさきやしきで、音楽おんがく演劇えんげきなどにしたしむ機会きかいち、読書どくしょたいするふか趣味しゅみやしなわれた。かれはたくさんの書物しょもつんだが、なかでも愛好あいこうしてやまなかったのは『ロビンソン』『リアおう』『ドン・キホーテ』などで、これらのしょはほとんどそらでおぼえていた。
 千八百八十三ねん、ペテルブルグの師範学校しはんがっこう卒業そつぎょうしたソログーブは、各地かくちうつみながら、教師きょうしつとめ、かたわつくっていたが、もなく長篇小説ちょうへんしょうせつ重苦おもくるしいゆめ』、つづいておなじく長篇ちょうへんの『小悪魔しょうあくま』を発表はっぴょうして、一りゅう作家さっかとしてをうたわれるようになった。二十五年間ねんかん教育きょういくつくしてしょく退しりぞいたのち創作そうさくこころをうちこんで、千九百二十七ねんになくなるまで、じつに二十かん著作ちょさくのこした。
 ソログーブの最大傑作さいだいけっさくは『小悪魔しょうあくま』とされているが、われわれにもっと愛着あいちゃくかんじさせる、したしみぶか作品さくひん短篇たんぺんこと少年少女しょうねんしょうじょ主題しゅだいにした短篇小説たんぺんしょうせつである。けがれのない少年しょうねんたましいをほめたたえ、これをけが大人おとな生活せいかつみにくさ、いやしさをにくのろうソログーブの気持きもちは、レース細工ざいくのようにこまやかな、うつくしい文章ぶんしょうで、こころにくいまでにうつされている。(訳者)
[#改ページ]

        *

 この世では、いい事といやな事がまじりあい勝ちなものである。一年級ねんきゅう生徒せいとでいるのはいい気持きもちだ――それはこの世できまった位置いちを作ってくれるからだ。しかし、一年生の生活にだって、時々いやなことがある。
 夜がけた。歩きまわ足音あしおとや、話しごえなどがざわざわし始めた。シューラは目をさました。そのときはじめて気がついたのは、自分の着ているものが何かやぶれたという感じだった。それは気持きもちが悪かった。何かよこぱらへんしわくちゃになったと思うと――やがてそのうちにシャツがやぶれて、もみくたになったという感覚かんかくが、もっとはっきりして来た。わきの下がけて、そのけ口が一ばん下までとどきそうになったのが感じられた。
 シューラはいまいましくなった。つい昨日きのう、ママにそういったのを思い出した。
「ママ、僕にあたらしいシャツを出してよ。このシャツはわきの下がやぶれてんだもの。」
 ママの返事はこうだった。
「あしたもう一日いちんち着てらっしゃい、シューラちゃん。」
 シューラはいつも不機嫌ふきげんな時によくするくせで、ちょっと顔をしかめながら、さもしゃくだというような調子ちょうしで、
「だって、ママ、あしたになったらすっかりやぶれてしまうじゃないの。ぼく乞食こじきみたいな恰好かっこうして歩くなだあ!」
 けれども、ママはお仕事しごとの手をめようともしないで――一たいあんなにのべつ縫物ぬいものばかりして何が面白おもしろいんだろう!――不足ふそくそうな声でいった。