ニャルラトホテプ(ニャルラトホテプ)

 ニャルラトホテプ……這い寄る混沌……残ったのはもうわたしだけ……この何もない空を聞き手にして、お話ししようと思います。

 そもそものことは、はっきりとは思い出せません。でも何ヶ月か前です。みんなひどくぴりぴりしていました。世の中がひっくり返ろうとしているところへきて、なぜだか強く身に危険を感じて不安になる――あたりが、どこもかもが危なかったのです。夜をただわけもなく怖がる、そんな極端なときにしか感じないたぐいの〈危険〉です。思い出せば、道を歩くみなさん真っ青な浮かない顔で、何かの前触れだとか、これから先のこととかささやくのですが、どなたもわざわざ繰り返したり、聞いたことにうなずいたりはなさいませんでした。国中はこれからとんでもない罰を受けるかのようで。星空の奥の深い闇から吹き流れる冷ややかな風に、人は暗くうら寂しいところで震えていました。四つの季節がめぐるなか、悪魔のような異変が起こる――時は秋で、暑さがいつまでも引かず、誰もが胸に抱くのです。この世界、いえもしかするとこの宇宙は、もう暴走するだけではないのか。わたしたちの知る神さまも、神さまの天候を操る力も、あるいはあずかり知らぬ力も、もはや及ばないのでは……。
 そんなときです、ニャルラトホテプがエジプトからきたのは。何ものなのか誰にもわかりません。ただ古代エジプトの血族とかで、ファラオによく似た顔立ちでした。農夫のみなさんは目にするやひざをつきますが、わけは本人にもわかりません。あの方は言うのです、われは二千と七〇〇年の闇から目覚めけり、われはこの星ならぬ地よりみことのりを預かれりと。文明の進んだこの地によみがえったニャルラトホテプは、暗い髪の毛、くびれた身体の、黒いお方――いつもガラスと金属の不思議な器具を頼りにしては、それをもっと不思議な道具にくっつけて。あの方の話には、科学のことが多く――電気学とか心理学とか――そのあとに力を見せつけられるのです。それで目の当たりにした人はみな言葉をなくして、たちまちその名がとどろくようになりました。人は隣の者にニャルラトホテプを見に行けと薦め、震え上がるのです。やがてニャルラトホテプの行くところに安らぎはなくなります。だって、深い夜に悪夢の叫びがこだまするのですよ。悪夢にうなされることがみんなの悩みになるなんて、そんなの今までなかったのに。こうなると、いくら賢い方でも、いっそ深い夜に眠るのを禁じてくれればと願うしか。そうすれば、街に悲鳴が満ちることも、青く哀れむ月が思い悩むこともなくなり、ただ橋の下、緑の水面みなもに、病める空の下、崩れた塔に、光をたゆとうだけとなりましょう。
 思い出すのは、ニャルラトホテプがわたしの街――大きく、歴史もある、犯罪の絶えない恐ろしい街――にやってきたときのことです。友人からあの方のことをうかがって、そのお話が、ぞくぞくするほどの魅力があり、惹かれるのだとか。わたしも、その謎の奥に何があるのかと胸を突き動かされまして。友人が言うには、わたしがどれだけ想像をたくましくしても、それ以上の怖さで、忘れられないというのです。真っ暗な部屋のスクリーンに投影されるものは、ニャルラトホテプをおいて誰にも口に出せない予言であり、ふとつぶやいた言葉で、みんな開かれるというのです。これまで目に浮かぶだけで、決して開かれたことのないものが。またこんな噂もありました。ニャルラトホテプに会った者は、誰も見たことのない光景を目にすると。
 それは秋の暑い日のこと、ニャルラトホテプに会おうと、落ち着きのない群衆とともに、わたしは一夜を過ごしました。息苦しい夜を抜けて、終わりのない階段を上り、息詰まる部屋へ。そして見たのです、スクリーンに投影されたのは、廃墟、そのなかの、頭巾をかぶった人影。それを崩れた石碑の後ろから、邪悪な黄色い顔がいくつものぞいていて。そして次に、世界が暗闇くらやみと戦う光景。敵は宇宙の果てから押し寄せる破滅です。光を弱め、冷たくなっていく太陽、その周りをめぐりながら、この世界がもがく。その瞬間、集まった人たちの頭上で火花が飛びました。みなさん驚いて、髪の毛は先の先まで逆立ちましたが、なおも映像は、言いようもないほどグロテスクなものへと変わり、人々は頭を抱えます。そこでわたしは、他の方よりも落ち着いてまともに考えもできましたから、「まやかしです」「ただの静電気です」と、そのようなことを震えながらも、ぼそぼそと口に出したのですが、……ニャルラトホテプはわたしたちをみな外へ叩き出してしまって。みんな眩暈めまいに襲われながらも階段を下り、むしっとした、人のいない真夜中の通りへ出て行きました。わたしは声を上げて叫びます。怖くない、こんなもので怖がりません! すると、他の方も自分の心を落ち着かせようと声を上げました。みんなでお互いに確かめ合うのです、この街は何も変わってなどいないし、まだちゃんとここにある。すると通りの電灯がチカチカしだしたので、みんなで何度も何度も電力会社の文句を言い、自分たちが変な顔をしていると笑いあいました。