途上(とじょう)

 東京T・M株式会社員法学士湯河ゆがわ勝太郎が、十二月も押し詰まったる日の夕暮の五時頃に、金杉橋の電車通りを新橋の方へぶらぶら散歩している時であった。
「もし、もし、失礼ですがあなたは湯河さんじゃございませんか」
 ちょうど彼が橋を半分以上渡った時分に、こう云って後ろから声をかけた者があった。湯河は振り返った、―――すると其処そこに、彼にはかつて面識のない、しかし風采ふうさいの立派な一人の紳士が慇懃いんぎんに山高帽を取って礼をしながら、彼の前へ進んで来たのである。
「そうです、わたくしは湯河ですが、………」
 湯河はちょっと、その持ち前の好人物らしい狼狽うろたえ方で小さな眼をパチパチやらせた。そうしてさながら彼の会社の重役に対する時のごとくおどおどした態度で云った。なぜなら、その紳士は全く会社の重役に似た堂々たる人柄だったので、彼は一と目見た瞬間に、「往来で物を云いかける無礼なやつ」と云う感情をたちま何処どこへか引込めてしまって、我知らず月給取りの根性をサラケ出したのである。紳士は獵虎らっこの襟の付いた、西班牙スペイン犬の毛のように房々した黒い玉羅紗たまらしゃ外套がいとうまとって、(外套の下には大方モーニングを着ているのだろうと推定される)しまのズボンを穿いて、象牙ぞうげのノッブのあるステッキをいた、色の白い、四十恰好かっこうの太った男だった。
「いや、突然こんな所でお呼び止めして失礼だとは存じましたが、わたくしは実はこう云う者で、あなたの友人の渡辺法学士―――あの方の紹介状を戴いて、たった今会社の方へお尋ねしたところでした」
 紳士はこう云って二枚の名刺を渡した。湯河はそれを受け取って街燈の明りの下へ出して見た。一枚の方はまぎれもなく彼の親友渡辺の名刺である。名刺の上には渡辺の手でこんな文句がしたためてある、―――「友人安藤一郎氏を御紹介する右は小生しょうせいの同県人にて小生とは年来親しくしている人なり君の会社に勤めつつある某社員の身元にいて調べたい事項があるそうだから御面会の上宜敷よろしく御取計いを乞う」―――もう一枚の名刺を見ると、「私立探偵安藤一郎 事務所 日本橋区蠣殻かきがら町三丁目四番地 電話浪花なにわ五〇一〇番」と記してある。
「ではあなたは、安藤さんとおっしゃるので、―――」
 湯河は其処そこに立って、改めて紳士の様子をじろじろ眺めた。「私立探偵」―――日本には珍しいこの職業が、東京にも五、六軒できたことは知っていたけれど、実際に会うのは今日が始めてである。それにしても日本の私立探偵は西洋のよりも風采が立派なようだ、と、彼は思った。湯河は活動写真が好きだったので、西洋のそれにはたびたびフイルムでお目に懸っていたから。
「そうです、わたくしが安藤です。で、その名刺に書いてありますような要件にいて、幸いあなたが会社の人事課の方に勤めておいでのことを伺ったものですから、それで只今ただいま会社へお尋ねして御面会を願った訳なのです。いかがでしょう、御多忙のところをはなはだ恐縮ですが、少しお暇をいて下さる訳には参りますまいか」
 紳士は、彼の職業にふさわしい、力のある、メタリックな声でテキパキと語った。
「なに、もう暇なんですから僕の方はいつでも差支さしつかえはありません、………」
 と、湯河は探偵と聞いてから「わたくし」を「僕」に取り換えて話した。
「僕で分ることなら、御希望に従って何なりとお答えしましょう。しかしその御用件は非常にお急ぎのことでしょうか、もしお急ぎでなかったら明日では如何いかがでしょうか? 今日でも差支えはない訳ですが、こうして往来で話をするのも変ですから、―――」
「いや、御尤ごもっともですが明日からは会社の方もお休みでしょうし、わざわざお宅へお伺いするほどの要件でもないのですから、御迷惑でも少しこの辺を散歩しながら話して戴きましょう。それにあなたは、いつもこうやって散歩なさるのがお好きじゃありませんか。ははは」
 と云って、紳士は軽く笑った。それは政治家気取りの男などがよく使う豪快な笑い方だった。
 湯河は明らかに困った顔つきをした。と云うのは、彼のポッケットには今しがた会社からもらって来た月給と年末賞与とが忍ばせてあった。その金は彼としては少なからぬ額だったので、彼はひそかに今夜の自分自身を幸福に感じていた。これから銀座へでも行って、この間からせびられていた妻の手套てぶくろと肩掛とを買って、―――あのハイカラな彼女の顔に似合うようなどっしりした毛皮の奴を買って、―――そうして早くうちへ帰って彼女を喜ばせてやろう、―――そんなことを思いながら歩いている矢先だったのである。彼はこの安藤と云う見ず知らずの人間のために、突然楽しい空想を破られたばかりでなく、今夜の折角せっかくの幸福にひびを入れられたような気がした。それはいいとしても、人が散歩好きのことを知っていて、会社からけて来るなんて、何ぼ探偵でもいややつだ、どうしてこの男はおれの顔を知っていたんだろう、そう考えると不愉快だった。おまけに彼は腹も減っていた。