桐の花(きりのはな)


くれなゐのにくき唇あまりりすつき放しつつ君をこそおもへ


はるすぎてうらわかぐさのなやみよりもえいづるはなのあかきときめき

くさばなのあかきふかみにおさへあへぬくちづけのおとのたへがたきかな

わかきひのもののといきのそこここにあかきはなさくしづこころなし

ゆふぐれのとりあつめたるもやのうちしづかにひとのなくねきこゆる


浅草にて

ゆく春の喇叭の囃子はやし身にぞ染む造花つくりばなちる雨の日の暮

ああ笛鳴る思ひいづるはパノラマの巴里パリスの空の春の夜の月


美くしき「夜」の横顔を見るごとく遠きまち見て心ひかれぬ

薄暮たそがれ水路すゐろに似たる心ありやはらかき夢のひとりながるる

グラスの図


そぞろあるき煙草くゆらすつかのまもかなしからずやわかきラムボオ

けふもまた泣かまほしさにまちにいで泣かまほしさに街よりかへる

やはらかきかなしみきたるジンの酒とりてふくめばかなしみきたる

ナイフとりフオクとるもやはらかに涙ながれしわれならなくに

にほやかに女の独唱ソロの沈みゆくここちにかなし春も暮るれば

ウイスキーの強くかなしき口あたりそれにもして春の暮れゆく


夜会のあと

かくまでも心のこるはなにならむあか薔薇さうびか酒かそなたか


春日笛のごとし

すずろかにクラリネツトの鳴りやまぬ日の夕ぐれとなりにけるかな

にほやかにトロムボーンの音は鳴りぬ君と歩みしあとの思ひ出


郷里柳河に帰りてうたへる歌


廃れたる園に踏み入りたんぽぽの白きを踏めば春たけにける


夕暮はヘリオトロウプ、
そことなく南かぜふく

やはらかに髪かきわけてふりそそぐ香料のごとみるゆめかも


哀調一首

きりはたりはたりちやうちやう血の色の棺衣かけぎ織るとか悲しきはた


ロンドンの悲しき言葉耳にあり花赤ければ命短し

いと高き君がよき名ぞ忍ばるる赤きロンドン赤きロンドン

狂ほしく髪かきむしり昼ひねもすロンドンのべにをひとり凝視みつむる

縫針ぬひはりの娘たれかれおとなしくロンドンの花を踏みて帰るも

ロンドンは松葉牡丹の柳河語なり

枇杷の図


枇杷の木に黄なる枇杷の実かがやくとわれ驚きて飛びくつがへる

枇杷の実をかろくおとせば吾弟わおとらが麦藁帽にうけてけるかな


ケエヅグリのあたまに火のいた、うんだら消えた

吾弟わおとらはにほのよき巣をかなしむと夕かたまけてさやぎいでつも

Gonshan, Gonshan, 何処へいた、
きのふ札所ふだしよの巡礼に

馬鈴薯の花咲き穂麦あからみぬあひびきのごと岡をのぼれば

黒鶫の図

黒鶫くろつぐみ野辺にさへづり唐辛子たうがらしいまし花さく君はいづこに

つばさコツキリコ、畦道あぜみちやギリコ

病める児はハモニカを吹き夜に入りぬもろこしばたの黄なる月の出



日の光金糸雀カナリヤのごとく顫ふとき硝子にれば人のこひしき


啄木鳥きつつきの木つつきへて去りし時黄なる夕日にを絶ちしとき

雲あかく日の入る夕木々きぎの実の吐息にうもれ鳴く鳥もあり


あかあかと五重の塔に入日さしかたかげの闇をちやるめらのゆく

かかる時地獄を思ふ、君去りて雲あかき野辺に煙渦まく



十一月北国の旅にて三首

韮崎の白きペンキの駅標に薄日のしみて光るさみしさ

柿の赤き実、旅の男が気まぐれに泣きてにきと人に語るな

たはれめが青き眼鏡のうしろより朝の霙を透かすまなざし

久留米旅情の歌

日も暮れてはじの実とりのかへるころくるわの裏をゆけばかなしき


猫やなぎ薄紫に光りつつ暮れゆく人はしづかにあゆむ

水面みのもゆく櫂のしづくよ雪あかり漕げば河風身に染みわたる


雪のふる夜昔ながらの蝋燭の裸火にうつし出されし団蔵の仁木の凄さよ

わが友は仁木の顔につらあかりさしつけながら花道をゆく
[#改丁]
[#ページの左右中央]


葱と紫蘇の図


[#改ページ]


手にとれば桐の反射の薄青き新聞紙こそ泣かまほしけれ


山羊やぎの乳と山椒のしめりまじりたるそよ風吹いて夏は来りぬ

指さきのあるかなきかの青ききずそれにも夏はみて光りぬ


草わかば黄なる小犬の飛びねて走り去りけり微風そよかぜの中

草わかば踏めば身も世も黄にみぬ西洋辛子からしこなを花はふり