春琴抄(しゅんきんしょう)

     ○

春琴、ほんとうの名は鵙屋琴もずやこと、大阪道修町どしょうまちの薬種商の生れで歿年ぼつねんは明治十九年十月十四日、墓は市内下寺町の浄土宗じょうどしゅう某寺ぼうじにある。せんだって通りかかりにお墓参りをする気になりって案内をうと「鵙屋さんの墓所はこちらでございます」といって寺男が本堂のうしろの方へ連れて行った。見るとひとむら椿つばきの木かげに鵙屋家代々の墓が数基ならんでいるのであったが琴女の墓らしいものはそのあたりには見あたらなかった。むかし鵙屋家のむすめにしかじかの人があったはずですがその人のはというとしばらく考えていて「それならあれにありますのがそれかも分りませぬ」と東側の急な坂路になっている段々の上へ連れて行く。知っての通り下寺町の東側のうしろには生国魂いくたま神社のある高台がそびえているので今いう急な坂路は寺の境内けいだいからその高台へつづく斜面しゃめんなのであるが、そこは大阪にはちょっとめずらしい樹木のしげった場所であって琴女の墓はその斜面の中腹を平らにしたささやかな空地あきちに建っていた。光誉春琴恵照禅定尼、と、墓石の表面に法名を記し裏面に俗名鵙屋琴、号春琴、明治十九年十月十四日歿、行年ぎょうねん五拾八歳ごじゅうはっさいとあって、側面に、門人温井ぬくい佐助建之と刻してある。琴女は生涯しょうがい鵙屋せいを名のっていたけれども「門人」温井検校けんぎょうと事実上の夫婦ふうふ生活をいとなんでいたのでかく鵙屋家の墓地とはなれたところへ別に一基を選んだのであろうか。寺男の話では鵙屋の家はとうに没落ぼつらくしてしまい近年はまれに一族の者がお参りに来るだけであるがそれも琴女の墓をおとなうことはほとんどないのでこれが鵙屋さんの身内のお方のものであろうとは思わなかったという。するとこの仏さまは無縁むえんになっているのですかというと、いえ無縁という訳ではありませぬはぎの茶屋の方に住んでおられる七十恰好かっこうの老婦人が年に一二度お参りに来られます、そのお方はこのお墓へお参りをされて、それから、それ、ここに小さなお墓があるでしょうと、その墓の左脇ひだりわきにある別な墓を指し示しながらきっとそのあとでこのお墓へも香華こうげ手向たむけて行かれますお経料などもそのお方がお上げになりますという。寺男が示した今の小さな墓標の前へ行って見ると石の大きさは琴女の墓の半分くらいである。表面に真誉琴台正道信士と刻し裏面に俗名温井佐助、号琴台、鵙屋春琴門人、明治四十年十月十四日歿、行年八拾三歳とある。すなわちこれが温井検校の墓であった。萩の茶屋の老婦人というのは後に出て来るからここには説くまいただこの墓が春琴の墓にくらべて小さくかつその墓石に門人であるむねを記して死後にも師弟の礼を守っているところに検校の遺志がある。私は、おりから夕日が墓石の表にあかあかと照っているそのおかの上にたたずんで脚下にひろがる大大阪市の景観をながめた。けだしこのあたりは難波津なにわづの昔からある丘陵きゅうりょう地帯で西向きの高台がここからずっと天王寺てんのうじの方へ続いている。そして現在では煤煙ばいえんで痛めつけられた木の葉や草の葉に生色がなくほこりまびれにれた大木が殺風景さっぷうけいな感じを与えるがこれらの墓が建てられた当時はもっと鬱蒼うっそうとしていたであろうし今も市内の墓地としてはまずこの辺が一番閑静かんせいで見晴らしのよい場所であろう。しき因縁いんねんまとわれた二人の師弟は夕靄ゆうもやの底に大ビルディングが数知れず屹立きつりつする東洋一の工業都市を見下しながら、永久にここにねむっているのである。それにしても今日の大阪は検校が在りし日のおもかげをとどめぬまでに変ってしまったがこの二つの墓石のみは今も浅からぬ師弟のちぎりを語り合っているように見える。元来温井検校の家は日蓮宗にちれんしゅうであって検校を除く温井一家の墓は検校の故郷こきょう江州ごうしゅう日野町の某寺にある。しかるに検校が父祖代々の宗旨しゅうしを捨てて浄土宗にえたのは墓になっても春琴女のそばを離れまいという殉情じゅんじょうから出たもので、春琴女の存生中、早くすでに師弟の法名、この二つの墓石の位置、釣合つりあい等が定められてあったという。目分量で測ったところでは春琴女の墓石は高さ約六尺検校のは四尺に足らぬほどであろうか。二つは低い石甃いしだたみだんの上に並んで立っていて春琴女の墓の右脇みぎわきにひともとまつが植えてあり緑の枝が墓石の上へ屋根のようにびているのであるが、その枝の先が届かなくなった左の方の二三尺離れたところに検校の墓が鞠躬加きっきゅうじょとして侍坐じざするごとくひかえている。それを見ると生前検校がまめまめしく師につかえてかげの形にうように扈従こしょうしていた有様がしのばれあたかも石にれいがあって今日もなおその幸福を楽しんでいるようである。私は春琴女の墓前にひざまずいてうやうやしく礼をした後検校の墓石に手をかけてその石の頭を愛撫あいぶしながら夕日が大市街のかなたにしずんでしまうまで丘の上に低徊ていかいしていた