ごんごろ鐘(ごんごろがね)

 三がつ八日ようか
 おとうさんが、夕方ゆうがた村会そんかいからかえってて、こうおっしゃった。
「ごんごろがね献納けんのうすることにきまったよ。」
 おかあさんはじめ、うちじゅうのものがびっくりした。が、ぼくはあまりおどろかなかった。ぼくたちの学校がっこうもん鉄柵てつさくも、もうとっくに献納けんのうしたのだから、尼寺あまでらのごんごろがねだって、おくにのために献納けんのうしたっていいのだとおもっていた。でもちいさかったときからあのかね朝晩あさばんしたしんでたことをおもえば、ちょっとさびしいもする。
 おかあさんが、
「まあ、よく庵主あんじゅさんがご承知しょうちなさったね。」
とおっしゃった。
「ん、はじめのうちは、むら御先祖ごせんぞたちの信仰しんこうのこもったものだからとか、ご本山ほんざんのおゆるしがなければとかいって、ぐずついていたけれど、けっきょくまえよく献納けんのうすることになったよ。庵主あんじゅだって日本人にほんじんわりはないわけさ。」
 ところで、このごんごろがね献納けんのうするとなると、ぼくはだいぶんきとめておかねばならないことがあるのだ。
 だい一、ごんごろがねという名前なまえ由来ゆらいだ。樽屋たるや木之助きのすけじいさんのはなしでは、このかねをつくった鐘師かねしがひどいぜんそくちで、しょっちゅうのどをごろごろいわせていたので、それがかねにもうつって、このかねたたくと、ごオんのあとに、ごろごろというおとがかすかにつづく、それでだれいうとなく、ごんごろがねぶようになったのだそうだ。しかしこのはなしはどうもあやしい、とぼくおもう。人間にんげんのぜんそくがかねにうつるというところがへんだ。それなら、人間にんげんちょうチブスがかねにうつるということもあるはずだし、人間にんげんのジフテリヤがかねにうつるということもあるはずである。それじゃかね病院びょういんたなければならないことになる。
 ぼく松男君まつおくんはいつだったか、ろんよりしょうこ、ごんごろがねがはたしてごんごろごろるかどうかためしにいったことがある。しずかなときをぼくたちはえらんでいった。鐘楼しゅろうしたにあじさいがきさかっている真昼まひるどきだった。松男君まつおくんうでによりをかけて、あざやかに一つごオん、とついた。そして二人ふたりみみをすましてきいていたが、余韻よいんがわあんわあんとなみのようにくりかえしながらえていったばかりで、ぜんそくちのたんのようなおとはぜんぜんしなかった。そこでぼくたちは、このかね健康状態けんこうじょうたいはすこぶるよろしい、と診断しんだんしたのだった。
 また紋次郎君もんじろうくんとこのおばあさんのはなしによると、このかねひとが、三河みかわくにごんごろうという鐘師かねしだったので、そうばれるようになったんだそうだ。かねのどこかに、その鐘師かねしりつけてあるそうな、とばあさんはいった。これは木之助きのすけじいさんのはなしよりよほどほんとうらしい。
 しかしぼくは、大学だいがくにいっているぼくにいさんのはなしが、いちばんしんじられるのだ。にいさんはこういった。「それはきっと、ごんごんるので、はじめにだれかがごんごんがねといったのさ。ごんごんがねごんごんがねといっているうちに、だれかがいちがえてごんごろがねといっちまったんだ。するとごんごろがねほうごんごんがねよりごろがいいので、とうとうごんごろがねになったのさ。」
 ぼくちいさかったときには、ごんごろがねをずいぶんおおきいものとおもっていた。しかし国民こくみんねんにもうじきなろうという現在げんざいでは、それほどおおきいとはおもわない。直径ちょっけいやく七十センチだから周囲しゅうい[#ここから横組み]70cm×3.14=219.8cm[#ここで横組み終わり]というわけだ。おとうさんが奈良ならかねというのは、直径ちょっけいが二メートルぐらいあったそうだから、そんなのにくらべれば、ごんごろがねかねあかぼうにすぎない。