貝殻(かいがら)

     一 猫

 彼等は田舎ゐなかに住んでゐるうちに、猫を一匹飼ふことにした。猫は尾の長い黒猫だつた。彼等はこの猫を飼ひ出してから、やつと鼠の災難だけはまぬかれたことを喜んでゐた。
 半年はんとしばかりたつたのち、彼等は東京へ移ることになつた。勿論猫も一しよだつた。しかし彼等は東京へ移ると、いつか猫が前のやうに鼠をとらないのに気づき出した。「どうしたんだらう? 肉や刺身さしみを食はせるからかしら?[#底本では「?」の後は1字アキ]」「この間Rさんがさう言つてゐましたよ。猫は塩の味を覚えると、だんだん鼠をとらないやうになるつて。」――彼等はそんなことを話し合つた末、試みに猫を餓ゑさせることにした。
 しかし、猫はいつまで待つても、鼠をとつたことは一度もなかつた。そのくせ鼠は毎晩のやうに天井裏てんじやううらを走りまはつてゐた。彼等は、――殊に彼の妻は猫の横着わうちやくを憎み出した。が、それは横着ではなかつた。猫は目に見えて痩せて行きながら、めのさかなの骨などをあさつてゐた。「つまり都会的になつたんだよ。」――彼はこんなことを言つて笑つたりした。
 そのうちに彼等はもう一度田舎ゐなか住ひをすることになつた。けれども猫は不相変あひかはらず少しも鼠をとらなかつた。彼等はとうとう愛想あいそをつかし、気の強い女中に言ひつけて猫を山の中へ捨てさせてしまつた。
 すると或晩秋の朝、彼は雑木林さふきばやしの中を歩いてゐるうちに偶然この猫を発見した。猫は丁度ちやうど雀を食つてゐた。彼は腰をかがめるやうにし、何度も猫の名を呼んで見たりした。が、猫は鋭い目にぢつと彼を見つめたまま、寄りつかうとする気色けしきも見せなかつた。しかもパリパリ音を立てて雀の骨を噛み砕いてゐた。

     二 河鹿

 或温泉にゐる母から息子むすこ人伝ひとづてに届けたもの、――桜の、笹餅、土瓶どびんへ入れた河鹿かじかが十六匹、それから土瓶の蔓にむすびつけた走り書きの手紙が一本。
 その手紙の一節はかうである。――「この河鹿かじかは皆をすに候。めすはあとより届け候。もつと雌雄めすをすとも一つ籠に入れぬやうに。雌は皆雄を食ひ殺し候。」

     三 或女の話

 わたしは丁度ちやうど十二の時に修学旅行に直江津なほえつきました。(わたしの小学校は信州の×と云ふ町にあるのです。)その時始めて海と云ふものを見ました。それから又汽船と云ふものを見ました。汽船へ乗るには棧橋さんばしからはしけに乗らなければなりません。私達のゐた棧橋にはやはり修学旅行に来たらしい、どこかほかの小学校の生徒も大勢おほぜいわいわい言つてゐました。その外の小学校の生徒がはしけへ乗らうとした時です。黒い詰襟の洋服を着た二十四五の先生が一人ひとり、(いえ、わたしの学校の先生ではありません。)いきなりわたしをき上げてはしけへ乗せてしまひました。それは勿論間違ひだつたのです。その先生はしばらくたつてから、わたしの学校の先生がわたしを受けとりにやつて来た時、何度もかう言つてあやまつてゐました。――「どうもうちの生徒にそつくりだもんですから。」
 その先生がわたしを抱き上げてはしけへ乗せた時の心もちですか? わたしはずゐぶん驚きましたし、怖いやうにも思ひましたけれども、そのほかにまだなんとなく嬉しい気もしたやうに覚えてゐます。

     四 或運転手

 銀座四丁目ぎんざよんちやうめ。或電車の運転手が一人ひとり、赤旗を青旗に見ちがへたと見え、いきなり電車を動かしてしまつた。が、間違ひに気づくが早いか、途方とほうもないおほ声に「アヤマリ」と言つた。僕はその声を聞いた時、忽ち兵営や練兵場を感じた。僕の直覚は当たつてゐたかしら。

     五 失敗

 あの男は何をしても失敗してゐた。最後にも――あの男は最後には壮士役者さうしやくしやになり白瀬中尉しらせちうゐを当てこんだ「南極探険」と云ふ芝居へ出ることになつた。勿論それは夏芝居だつた。あの男は唯のペングイン鳥になり、氷山ひようざんあひだを歩いてゐた。そのうちに烈しい暑さの為にとうとう悶絶もんぜつして死んでしまつた。

     六 東京人

 或待合まちあひのおかみさんが一人ひとり、懇意な或芸者の為に或出入りの呉服屋へ帯を一本頼んでやつた。さてその帯が出来上つて見ると、それは註文ぬしのお上さんには勿論、若い呉服屋の主人にも派手はで過ぎると思はずにはゐられぬものだつた。そこでこの呉服屋の主人は何も言はずに二百円の帯を百五十円にをさめることにした。しかしこちらの心もちは相手のお上さんには通じてゐた。