枯野抄(かれのしょう)

丈艸ぢやうさう去来きよらいを召し、昨夜目のあはざるまま、ふと案じ入りて、呑舟どんしうに書かせたり、おのおの咏じたまへ
  旅に病むで夢は枯野をかけめぐる
――花屋日記――


 元禄七年十月十二日の午後である。一しきり赤々と朝焼けた空は、又昨日のやうに時雨しぐれるかと、大阪商人あきんどの寝起の眼を、遠い瓦屋根の向うに誘つたが、さいはひ葉をふるつた柳のこずゑを、煙らせる程の雨もなく、やがて曇りながらもうす明い、もの静な冬の昼になつた。立ちならんだ町家まちやの間を、流れるともなく流れる川の水さへ、今日はぼんやりと光沢つやを消して、その水に浮くねぶかの屑も、気のせゐか青い色が冷たくない。まして岸を行く往来ゆききの人々は、丸頭巾をかぶつたのも、革足袋をはいたのも、皆こがらしの吹く世の中を忘れたやうに、うつそりとして歩いて行く。暖簾のれんの色、車の行きかひ、人形芝居の遠い三味線の――すべてがうす明い、もの静な冬の昼を、橋の擬宝珠ぎばうしゆに置く町のほこりも、動かさない位、ひつそりと守つてゐる……
 この時、御堂前南久太郎町みだうまへみなみきうたらうまち、花屋仁左衛門の裏座敷では、当時俳諧の大宗匠と仰がれた芭蕉庵松尾桃青たうせいが、四方から集つて来た門下の人人に介抱されながら、五十一歳を一期いちごとして、「埋火うづみびのあたたまりの冷むるが如く、」静に息を引きとらうとしてゐた。時刻は凡そ、さるの中刻にも近からうか。――へだてのふすまをとり払つた、だだつ広い座敷の中には、枕頭に※(「火+主」、第3水準1-87-40)きさした香の煙が、一すぢ昇つて、天下の冬を庭さきにいた、新しい障子の色も、ここばかりは暗くかげりながら、身にしみるやうに冷々する。その障子の方を枕にして、寂然じやくねんと横はつた芭蕉のまはりには、まづ、医者の木節もくせつが、夜具の下から手を入れて、間遠い脈をりながら、浮かない眉をひそめてゐた。その後に居すくまつて、さつきから小声の称名しようみやうを絶たないのは、今度伊賀からともに立つて来た、老僕の治郎兵衛に違ひない。と思ふと又、木節の隣には、誰の眼にもそれと知れる、大兵肥満の晋子其角しんしきかくが、つむぎの角通しの懐を鷹揚おうやうにふくらませて、憲法小紋の肩をそば立てた、ものごしの凛々りりしい去来と一しよに、ぢつと師匠の容態をうかがつてゐる。それから其角の後には、法師じみた丈艸ぢやうさうが、手くびに菩提樹ぼだいじゆの珠数をかけて、端然と控へてゐたが、隣に座を占めた乙州おつしうの、絶えず鼻をすすつてゐるのは、もうこみ上げて来る悲しさに、堪へられなくなつたからであらう。その容子ようすをぢろぢろ眺めながら、古法衣ふるごろもの袖をかきつくろつて、無愛想なおとがひをそらせてゐる、背の低い僧形そうぎやう惟然坊ゐねんばうで、これは色の浅黒い、剛愎がうふくさうな支考しかうと肩をならべて、木節の向うに坐つてゐた。あとは唯、何人かの弟子たちが皆息もしないやうに静まり返つて、或は右、或は左と、師匠の床を囲みながら、限りない死別の名ごりを惜しんでゐる。が、その中でもたつた一人、座敷の隅にうづくまつて、ぴつたり畳にひれ伏した儘、慟哭どうこくの声を洩してゐたのは、正秀せいしうではないかと思はれる。しかしこれさへ、座敷の中のうすら寒い沈黙に抑へられて、枕頭の香のかすかな匂を、みだす程の声も立てない。
 芭蕉はさつき、痰喘たんせきにかすれた声で、覚束おぼつかない遺言をした後は、半ば眼を見開いた儘、昏睡の状態にはいつたらしい。うす痘痕いものある顔は、顴骨くわんこつばかりあらはに痩せ細つて、皺に囲まれた唇にも、とうに血の気はなくなつてしまつた。殊にいたましいのはその眼の色で、これはぼんやりした光を浮べながら、まるで屋根の向うにある、際限ない寒空でも望むやうに、いたづらに遠い所を見やつてゐる。「旅に病んで夢は枯野をかけめぐる。」――事によるとこの時、このとりとめのない視線の中には、三四日前に彼自身が、その辞世の句に詠じた通り、茫々ばうばうとした枯野の暮色が、一痕いつこんの月の光もなく、夢のやうに漂つてでもゐたのかも知れない。
「水を。」
 木節はやがてかう云つて、静に後にゐる治郎兵衛を顧みた。一椀の水と一本の羽根楊子とは、既にこの老僕が、用意して置いた所である。彼は二品をおづおづ主人の枕元へ押し並べると、思ひ出したやうに又、口を早めて、専念に称名しようみやうを唱へ始めた。治郎兵衛の素朴な、山家育ちの心には、芭蕉にせよ、誰にせよ、ひとしく彼岸ひがんに往生するのなら、ひとしく又、弥陀みだの慈悲にすがるべき筈だと云ふ、堅い信念が根を張つてゐたからであらう。