金将軍(きんしょうぐん)

 ある夏の日、笠をかぶった僧が二人ふたり朝鮮ちょうせん平安南道へいあんなんどう竜岡郡りゅうこうぐん桐隅里とうぐうり田舎道いなかみちを歩いていた。この二人はただの雲水うんすいではない。実ははるばる日本から朝鮮の国をさぐりに来た加藤肥後守清正かとうひごのかみきよまさ小西摂津守行長こにしせっつのかみゆきながとである。
 二人はあたりを眺めながら、青田あおたあいだを歩いて行った。するとたちまち道ばたに農夫の子らしい童児が一人、まるい石を枕にしたまま、すやすや寝ているのを発見した。加藤清正は笠の下から、じっとその童児へ目を落した。
「この小倅こせがれ異相いそうをしている。」
 鬼上官おにじょうかん二言にごんと云わずに枕の石をはずした。が、不思議にもその童児は頭を土へ落すどころか、石のあった空間を枕にしたなり、不相変あいかわらず静かに寝入っている!
「いよいよこの小倅こせがれは唯者ではない。」
 清正は香染こうぞめの法衣ころもに隠した戒刀かいとう※(「木+霸」、第3水準1-86-28)つかへ手をかけた。倭国わこくわざわいになるものは芽生めばえのうちに除こうと思ったのである。しかし行長は嘲笑あざわらいながら、清正の手を押しとどめた。
「この小倅に何が出来るもんか? 無益むやく殺生せっしょうをするものではない。」
 二人の僧はもう一度青田のあいだを歩き出した。が、虎髯とらひげの生えた鬼上官だけはまだ何か不安そうに時々その童児をふり返っていた。……
 三十年ののち、その時の二人の僧、――加藤清正と小西行長とは八兆八億の兵と共に朝鮮八道へ襲来しゅうらいした。家を焼かれた八道の民は親は子を失い、夫は妻を奪われ、右往左往うおうさおうに逃げまどった。京城けいじょうはすでに陥った。平壌へいじょうも今は王土ではない。宣祖王せんそおうはやっと義州ぎしゅうへ走り、大明だいみんの援軍を待ちわびている。もしこのまま手をつかねて倭軍わぐん蹂躙じゅうりんに任せていたとすれば、美しい八道の山川さんせんも見る見る一望の焼野の原と変化するほかはなかったであろう。けれども天は幸にもまだ朝鮮を見捨てなかった。と云うのは昔青田のくろ奇蹟きせきを現した一人の童児、――金応瑞きんおうずいに国を救わせたからである。
 金応瑞は義州ぎしゅう統軍亭とうぐんていけつけ、憔悴しょうすいした宣祖王せんそおう竜顔りゅうがんを拝した。
「わたくしのこうして居りますからは、どうかお心をお休めなさりとうございまする。」
 宣祖王は悲しそうに微笑した。
倭将わしょう鬼神きじんよりも強いと云うことじゃ。もしそちに打てるものなら、まず倭将の首をってくれい。」
 倭将の一人――小西行長はずっと平壌へいじょう大同館だいどうかん妓生ぎせい桂月香けいげつこう寵愛ちょうあいしていた。桂月香は八千の妓生のうちにも並ぶもののない麗人である。が、国を憂うる心は髪にした※(「王へん+攵」、第3水準1-87-88)まいかいの花と共に、一日も忘れたと云うことはない。その明眸めいぼうは笑っている時さえ、いつも長い睫毛まつげのかげにもの悲しい光りをやどしている。
 ある冬の、行長は桂月香にしゃくをさせながら、彼女の兄と酒盛りをしていた。彼女の兄もまた色の白い、風采ふうさい立派りっぱな男である。桂月香はふだんよりも一層こびを含みながら、絶えず行長に酒を勧めた。そのまた酒の中にはいつのにか、ちゃんと眠り薬が仕こんであった。
 しばらくののち、桂月香と彼女の兄とはい伏した行長をあとにしたまま、そっとどこかへ姿を隠した。行長は翠金すいきんちょうの外に秘蔵の宝剣ほうけんをかけたなり、前後も知らずに眠っていた。もっともこれは必ずしも行長の油断したせいばかりではない。この帳はまた鈴陣れいじんである。誰でも帳中に入ろうとすれば、帳をめぐった宝鈴ほうれいはたちまちけたたましい響と共に、行長の眠を破ってしまう。ただ行長は桂月香のこの宝鈴も鳴らないように、いつのまにかすずの穴へ綿をつめたのを知らなかったのである。
 桂月香と彼女の兄とはもう一度そこへ帰って来た。彼女は今夜はぬいのあるもすそかまどの灰を包んでいた。彼女の兄も、――いや彼女の兄ではない。王命おうめいを奉じた金応瑞は高々たかだかそでをからげた手に、青竜刀せいりゅうとうを一ふりげていた。彼等は静かに行長のいる翠金の帳へ近づこうとした。すると行長の宝剣はおのずからさやを離れるが早いか、ちょうどつばさの生えたように金将軍きんしょうぐんの方へ飛びかかって来た。しかし金将軍は少しもさわがず、咄嵯とっさにその宝剣を目がけて一口のつばを吐きかけた。宝剣は唾にまみれると同時に、たちまち神通力じんつうりきを失ったのか、ばたりとゆかの上へ落ちてしまった。