煙管(きせる)

        一

 加州かしゅう石川ごおり金沢城の城主、前田斉広なりひろは、参覲中さんきんちゅう、江戸城の本丸ほんまる登城とじょうする毎に、必ず愛用の煙管きせるを持って行った。当時有名な煙管商、住吉屋七兵衛すみよしやしちべえの手に成った、金無垢地きんむくじに、剣梅鉢けんうめばちもんぢらしと云う、数寄すきらした煙管きせるである。
 前田家は、幕府の制度によると、五世ごせ加賀守綱紀かがのかみつなのり以来、大廊下詰おおろうかづめで、席次は、世々尾紀水三家びきすいさんけの次を占めている。勿論、裕福な事も、当時の大小名の中で、肩を比べる者は、ほとんど、一人もない。だから、その当主たる斉広が、金無垢きんむくの煙管を持つと云う事は、むしろ身分相当の装飾品を持つのに過ぎないのである。
 しかし斉広は、その煙管を持っている事をはなはだ、得意に感じていた。もっとも断って置くが、彼の得意は決して、煙管そのものを、どんな意味ででも、愛翫あいがんしたからではない。彼はそう云う煙管を日常口にし得る彼自身の勢力が、他の諸侯に比して、優越な所以ゆえんを悦んだのである。つまり、彼は、加州百万石が金無垢の煙管になって、どこへでも、持って行けるのが、得意だった――と云っても差支さしつかえない。
 そう云う次第だから、斉広は、登城している間中、殆どその煙管を離した事がない。人と話しをしている時は勿論、独りでいる時でも、彼はそれを懐中から出して、鷹揚おうように口にくわえながら、長崎煙草ながさきたばこか何かの匂いの高い煙りを、必ず悠々とくゆらせている。
 勿論この得意な心もちは、煙管なり、それによって代表される百万石なりを、人に見せびらかすほど、増長慢ぞうちょうまんな性質のものではなかったかも知れない。が、彼自身が見せびらかさないまでも、殿中でんちゅうの注意は、明かに、その煙管に集注されている観があった。そうして、その集注されていると云う事を意識するのが斉広にとっては、かなり愉快な感じを与えた。――現に彼には、同席の大名に、あまりお煙管が見事だからちょいと拝見させて頂きたいと、云われたあとでは、のみなれた煙草の煙までがいつもより、一層快く、舌を刺戟しげきするような気さえ、したのである。

        二

 斉広なりひろの持っている、金無垢きんむく煙管きせるに、眼をおどろかした連中の中で、最もそれを話題にする事を好んだのは所謂いわゆる、お坊主ぼうずの階級である。彼等はよるとさわると、鼻をつき合せて、この「加賀の煙管」を材料に得意の饒舌じょうぜつを闘わせた。
「さすがは、大名道具だて。」
「同じ道具でも、ああ云う物は、つぶしがきやす。」
しちに置いたら、何両貸す事かの。」
「貴公じゃあるまいし、誰が質になんぞ、置くものか。」
 ざっと、こんな調子である。
 するとある日、彼等の五六人が、まるい頭をならべて、一服やりながら、例の如く煙管のうわさをしていると、そこへ、偶然、御数寄屋坊主おすきやぼうず河内山宗俊こうちやまそうしゅんが、やって来た。――後年こうねん天保六歌仙てんぽうろっかせん」の中の、主な rol※(サーカムフレックスアクセント付きE小文字) をつとめる事になった男である。
「ふんまた煙管か。」
 河内山は、一座の坊主を、尻眼にかけて、空嘯そらうそぶいた。
ほりと云い、地金じがねと云い、見事な物さ。銀の煙管さえ持たぬこちとらには見るも眼の毒……」
 調子にのって弁じていた了哲りょうてつと云う坊主が、ふと気がついて見ると、宗俊は、いつの間にか彼の煙管入れをひきよせて、その中から煙草をつめては、悠然と煙を輪にふいている。
「おい、おい、それは貴公の煙草入れじゃないぜ。」
「いいって事よ。」
 宗俊は、了哲の方を見むきもせずに、また煙草をつめた。そうして、それを吸ってしまうと、なまあくびを一つしながら、煙草入れをそこへほうり出して、
「ええ、悪い煙草だ。煙管ごのみが、聞いてあきれるぜ。」
 了哲は慌てて、煙草入れをしまった。
「なに、金無垢きんむくの煙管なら、それでも、ちょいとのめようと云うものさ。」
「ふんまた煙管か。」と繰返して、「そんなに金無垢が有難けりゃ何故お煙管拝領と出かけねえんだ。」
「お煙管拝領?」
「そうよ。」
 さすがに、了哲も相手の傍若無人ぼうじゃくぶじんなのにあきれたらしい。
「いくらお前、わしが欲ばりでも、……せめて、銀ででもあれば、格別さ。……とにかく、金無垢だぜ。あの煙管は。」
「知れた事よ。金無垢ならばこそ、貰うんだ。真鍮しんちゅう駄六だろくを拝領に出る奴がどこにある。」