二人の兄弟(ふたりのきょうだい)

      一 榎木えのき

 皆さんは榎木の実を拾ったことがありますか。あの実の落ちてる木の下へ行ったことがありますか。あのこうばしい木の実を集めたり食べたりして遊んだことがありますか。
 そろそろあの榎木の実が落ちる時分でした。二人の兄弟はそれを拾うのをたのしみにして、まだあの実が青くて食べられない時分から、早くあかくなれ早く紅くなれと言って待って居ました。
 二人の兄弟のいえには奉公して働いて居る正直ないおじいさんがありました。このお爺さんは山へも木をりに行くしはたけへも野菜をつくりに行って、何でもよく知って居ました。
 このお爺さんが兄弟の子供に申しました。
「まだ榎木の実は渋くて食べられません。もう少しお待ちなさい。」とそう申しました。
 弟は気の短い子供で、榎木の実の紅くなるのが待って居られませんでした。お爺さんが止めるのも聞かずに、馳出かけだして行きました。この子供が木の実を拾いに行きますと、高い枝の上に居た一橿鳥かしどりが大きな声を出しまして、
「早過ぎた。早過ぎた。」と鳴きました。
 気の短い弟は、枝にって居るのを打ち落すつもりで、石ころや棒を拾っては投げつけました。そのたびに、榎木の実が葉と一緒になって、パラパラパラパラ落ちて来ましたが、どれもこれも、まだ青くて食べられないのばかりでした。
 そのうちに今度は兄の子供が出掛けて行きました。兄は弟と違って気長な子供でしたから「大丈夫だいじょうぶ、榎木の実はもう紅くなって居る。」と安心して、ゆっくり構えて出掛けて行きました。兄の子供が木の実を拾いに行きますと、高い枝の上に居た橿鳥がまた大きな声を出しまして、
「遅過ぎた。遅過ぎた。」と鳴きました。
 気長な兄は、しきりと木の下をさがまわりましたが、紅い榎木の実は一つも見つかりませんでした。この子供がゆっくり出掛けて行くうちに、木の下に落ちて居たのをみんほかの子供に拾われてしまいました。
 二人の兄弟がこの話をお爺さんにしましたら、お爺さんがそう申しました。
「一人はあんまり早過ぎたし、一人はあんまり遅過ぎました。丁度い時を知らなければ、好い榎木の実は拾われません。わたしがその丁度好い時を教えてあげます。」と申しました。
 ある朝、お爺さんが二人の子供に、「さあ、早く拾いにおいでなさい、丁度好い時が来ました。」と教えました。その朝は風が吹いて、榎木の枝が揺れるような日でした。二人の兄弟が急いで木の下へ行きますと、橿鳥が高い枝の上からそれを見て居まして、
「丁度い。丁度好い。」と鳴きました。
 榎木の下には、紅い小さなたまのような実が、そこにも、ここにも、一ぱい落ちこぼれて居ました。二人の兄弟は木の周囲まわりまわって、拾っても、拾っても、拾いきれないほど、それを集めてたのしみました。
 橿鳥は首をかしげて、このありさまを見て居ましたが、
「なんとこの榎木の下にはい実が落ちて居ましょう。沢山お拾いなさい。ついでに、私も一つ御褒美ごほうびを出しますから、それも拾って行って下さい。」と言いながら青いの入った小さな羽を高い枝の上から落してよこしました。
 二人の兄弟は榎木の実ばかりでなく、橿鳥の美しい羽を拾い、おまけにその大きな榎木の下で、「丁度好い時」までも覚えて帰って来ました。

      二 釣りの話

 ある日、おじいさんは二人の兄弟に釣りの道具を造ってれると言いました。
 いかにお爺さんでも釣りの道具は、むずかしかろう、と二人の子供がそう思って見てました。この兄弟のうち周囲まわりには釣竿つりざお一本売る店がありませんでしたから。
 お爺さんは何処どこからか釣針をさがして来ました。それから細い竹を切って来まして、それで二本の釣竿を造りました。
「針と竿が出来ました。今度は糸の番です。」とお爺さんは言って、くりの木に住む栗虫から糸を取りました。丁度おかいこさまのように、その栗虫からも白い糸が取れるのです。お爺さんは栗虫から取れた糸を酢にけまして、それを長く引延しました。その糸が日にかわいて堅くなるころには、兄弟の子供の力で引いても切れないほど丈夫で立派なものが出来上りました。
「さあ、釣りの道具がそろいました。」と言って兄弟に呉れました。
 二人の子供はお爺さんが造った釣竿を手にげまして、大喜びで小川の方へ出掛けて行きました。小川の岸には胡桃くるみの木のえて居る場所がありました。兄弟はかじかの居そうな石の間を見立てまして、胡桃の木のかげに腰を掛けて釣りました。