藁草履(わらぞうり)

 長野県北佐久郡岩村田町大字金(かね)の手(て)の角にある石が旅人に教えて言うには、これより南、甲州街道。
 この道について南へさして行くと、八つが岳(たけ)山脈の麓(ふもと)へかけて南佐久の谷が眼前(めのまえ)に披(ひら)けております。千曲川(ちくまがわ)はこの谷を流れる大河で、沿岸に住む人民の風俗方言も川下とは多少違うかと思われます。岸を溯(さかのぼ)るにつれまして、さすがの大河も谿流(けいりゅう)の勢に変るのですが、河心が右岸の方へ酷(ひど)く傾(かし)いでおりますので、左岸は盛上がったような砂底の顕(あらわ)れた中に、川上から押流された大石が埋(うずま)って、ところどころに白楊(どろ)、蘆(あし)、などの叢(やぶ)が茂っております。右岸に見られるのは、楓(かえで)、漆(うるし)、樺(かば)、楢(なら)の類(たぐい)。甲州街道はその蔭にあるのです。忍耐力に富んだ越後(えちご)商人は昔から爰(ここ)を通行しました。直江津の塩物がこの山地に深入したのも専(もっぱ)らこの道を千曲川に添うて溯りましたもので。
 両岸には、南牧(みなみまき)、北牧、相木、などの村々が散布して、金峯山(きんぷさん)、国師山、甲武信岳(こぶしがたけ)、三国山の高く聳(そび)えた容(さま)を望むことも出来、又、甲州に跨(またが)った八つが岳の連山(やまつづき)には、赤々とした大崩壊(おおくずれ)の跡を眺(なが)めることも出来ます。この谷の突当ったところが海の口村で、野辺山が原はつい後に迫っているのです。海の口村は、もと河岸に在りましたのが、河水の氾濫(みなぎ)りました為に、村民は高原の裾(すそ)へ倚(よ)って移住したとのこと。風雪を防ぐ為に石を載せた板葺(いたぶき)の屋根を見ると、深山の生活も思いやられます。この辺に住んでおりますのが慓悍(ひょうかん)な信州人でして、その職業には、牧馬、耕作、杣(そま)、炭焼――わけても牧馬には熱心な人民です。この手合が馬を追いながら生活(くらし)を営(たて)る野辺山が原というのは、天然の大牧場――左様(さよう)さ、広さは三里四方も有ましょうか、秣(まくさ)に適した灌木(かんぼく)と雑草とが生茂(おいしげ)って、ところどころの樹蔭(こかげ)には泉が溢(あふ)れ流れているのです。ここへ集るものは、女ですら克(よ)く馬の性質を暗記している位。男が少年のうちからして乗馬の術に長(た)けているのは、不思議でもなんでも有ません。土地の者の競馬好と来ては――そりゃあ、もうこの手合が酒好なと同じように。
 こういう土地柄ですから、女がどんな労働をしているか、大凡(おおよそ)の想像はつきましょう。男を助けて外で甲斐々々(かいがい)しく働く時の風俗は、股引(ももひき)、脚絆(はばき)で、盲目縞(めくらじま)の手甲(てっこう)を着(は)めます。冠(かぶ)りものは編笠です。娘も美しいと言いたいが、さて強いと言った方が至当で、健(すこやか)な活々(いきいき)とした容貌(おもざし)のものが多い。
 海の口村が産馬地(うまどこ)という証拠には、一頭や二頭の家養をしないものは無いのでも知れましょう。
 何がこの手合の財産かなら、無論、馬です。
 清仏(しんふつ)戦争の後、仏蘭西(フランス)兵の用いた軍馬は吾陸軍省の手で買取られて、海を越して渡って来ました。その中の十三頭が種馬として信州へ移されたのです。気象勇健な「アルゼリイ」種の馬匹(ばひつ)が南佐久の奥へ入りましたのは、この時のことで。今日一口に雑種と称えているのは、専(おも)にこの「アルゼリイ」種を指したものです。その後、亜米利加(アメリカ)産の浅間号という名高い種馬も入込みました。それから次第に馬匹の改良が始まる、野辺山が原の馬市は一年増に盛大になる、その噂さがなにがしの宮殿下の御耳にまで届くようになりました。殿下は陸軍騎兵附の大佐で、かくれもない馬好でいらせられるのですから、御寵愛(ちょうあい)の「ファラリイス」という亜刺比亜(アラビア)産を種馬として南佐久へ御貸付になりますと、さあ、人気が立ったの立たないのじゃ有ません。「ファラリイス」の血を分けた当歳が三十四頭という呼声になりました。殿下の御喜悦(よろこび)は何程(どんな)でございましたろう――とうとう野辺山が原へ行啓を仰出(おおせいだ)されましたのです。

    壱

爺(おやじ)、己(おれ)もお前(めえ)も此頃(こないだ)馬を買った覚がある。どうだい、この馬は何程(どのくれえ)の評価(ねぶみ)をする――え、背骨の具合は浅間号に彷彿(そっくり)だ。今日この原へ集った中で、この程(くれえ)良い馬は少なかろう」
 と一人の馬喰(ばくろう)が手を隠して袖(そで)口を差出す。連の男は笑いながらその内(なか)へ手を入れて、
「こうだ」
「ふふ、そうさ」