好色(こうしょく)

平中へいちゆうといふ色ごのみにて、宮仕人みやづかへびとはさらなり、人のむすめなど忍びて見
ぬはなかりけり。
宇治拾遺物語
いかでかこの人に不会あはでは止まむと思ひ迷ける程に、平中病付やみつきにけり。
しかうしなやみける程にしににけり。
今昔物語
色を好むといふは、かやうのふるまひなり。
十訓抄

     一 画姿

 泰平たいへいの時代にふさはしい、優美なきらめき烏帽子ゑぼしの下には、しもぶくれの顔がこちらを見てゐる。そのふつくりと肥つた頬に、鮮かな赤みがさしてゐるのは、何も臙脂えんじをぼかしたのではない。男には珍しい餅肌が、自然と血の色をかせたのである。ひげひんの好い鼻の下に、――と云ふよりも薄い唇の左右に、丁度薄墨をいたやうに、僅ばかりしか残つてゐない。しかしつややかなびんの上には、霞も立たない空の色さへ、ほんのりと青みを映してゐる。耳はそのびんのはづれに、ちよいとあがつた耳たぶだけ見える。それがはまぐりの貝のやうな、暖かい色をしてゐるのは、かすかな光の加減らしい。眼は人よりも細いうちに、絶えず微笑が漂つてゐる。ほとんどその瞳の底には、何時いつでも咲き匂つた桜の枝が、浮んでゐるのかと思ふ位、晴れ晴れした微笑が漂つてゐる。が、多少注意をすれば、其処そこには必しも幸福のみが住まつてゐない事がわかるかも知れない。これは遠い何物かに、※(「りっしんべん+淌のつくり」、第3水準1-84-54)※(「りっしんべん+兄」、第3水準1-84-45)しやうけいを持つた微笑である。同時に又手近い一切いつさいに、軽蔑を抱いた微笑である。くびは顔に比べると、むし華奢きやしやすぎると評しても好い。その頸には白い汗衫かざみの襟が、かすかに香を焚きしめた、菜の花色の水干すゐかんの襟と、細い一線をゑがいてゐる。顔の後にほのめいてゐるのは、鶴を織り出した几帳きちやうであらうか? それとものどかな山の裾に、女松めまつを描いた障子であらうか? 兎に角曇つた銀のやうな、薄白いあかるみが拡がつてゐる。……
 これが古い物語の中から、わたしの前に浮んで来た「あめした色好いろごのみ」たひら貞文さだぶみの似顔である。平の好風よしかぜに子が三人ある、丁度その次男に生まれたから、平中へいちゆう渾名あだなを呼ばれたと云ふ、わたしの Don Juan の似顔である。

     二 桜

 平中は柱によりかかりながら、漫然と桜を眺めてゐる。近々と軒に迫つた桜は、もう盛りが過ぎたらしい。そのやや赤みのせた花には、永い昼過ぎの日の光が、さしかはした枝の向き向きに、複雑な影を投げ合つてゐる。が、平中の眼は桜にあつても、平中の心は桜にない。彼はさつきから漫然と、侍従じじゆうの事を考へてゐる。
「始めて侍従を見かけたのは、――」
 平中はかう思ひ続けた。
「始めて侍従を見かけたのは、――あれは何時いつの事だつたかな? さうさう、何でも稲荷詣いなりまうでに出かけると云つてゐたのだから、初午はつうまの朝だつたのに違ひない。あの女が車へ乗らうとする、おれが其処へ通りかかる、――と云ふのが抑々そもそもの起りだつた。顔は扇をかざした陰にちらりと見えただけだつたが、紅梅や萌黄もえぎを重ねた上へ、紫のうちぎをひつかけてゐる、――その容子ようすが何とも云へなかつた。おまけに※(「車+非」、第4水準2-89-66)はこへはひる所だから、片手に袴をつかんだまま、心もち腰をかがめ加減にした、――その又恰好もたまらなかつたつけ。本院の大臣おとど御屋形おんやかたには、ずゐぶん女房も沢山ゐるが、まづあの位なのは一人もないな。あれなら平中がれたと云つても、――」
 平中はちよいと真顔まがほになつた。
「だが本当に惚れてゐるかしら? 惚れてゐると云へば、惚れてゐるやうでもあるし、惚れてゐないと云へば、惚れて、――一体こんな事は考へてゐると、だんだんわからなくなるものだが、まあ一通りは惚れてゐるな。尤もおれの事だから、いくら侍従に惚れたと云つても、眼さきまでくらんでしまひはしない。何時かあの範実のりざねのやつと、侍従のうはさをしてゐたら、うらむらくは髪が薄すぎると、聞いた風な事を云つたつけ、あんな事は一目見た時にもうちやんと気がついてゐたのだ。範実のりざねなどと云ふ男は、篳篥ひちりきこそちつとは吹けるだらうが、好色かうしよくの話となつた日には、――まあ、あいつはあいつとして置け。差向きおれが考へたいのは、侍従一人の事なのだから、――所でもう少し欲を云へば、顔もあれぢや寂しすぎるな。それも寂しすぎると云ふだけなら、何処どこか古い画巻ゑまきじみた、上品な所がある筈だが、寂しい癖に薄情らしい、妙に落着いた所があるのは、どう考へても頼もしくない。女でもああ云ふ顔をしたのは、存外人を食つてゐるものだ。その上色も白い方ぢやない、浅黒いとまでは行かなくつても、琥珀色こはくいろ位な所はあるな。しかし何時見てもあの女は、何だかかう水際みづぎは立つた、ふるひつきたいやうな風をしてゐる。あれは確かにどの女も、真似の出来ない芸当だらう。……」