白髪小僧(しらがこぞう)

   第一篇 赤おうむ


     一 銀杏いちょうの樹

 昔或る処に一人の乞食小僧が居りました。この小僧は生れ付きの馬鹿で、親も兄弟も何も無い本当の一人者で、夏も冬もボロボロの着物一枚切り、きまった寝床さえありませんでしたが、ただ名前ばかりは当り前の人よりもずっと沢山に持っておりました。
 その第一の名前は白髪しらが小僧というのでした。これはこの小僧の頭が雪のように白く輝いていたからです。
 第二は万年小僧というので、これはこの小僧がいつから居るのかわかりませぬが、何でも余程昔からどんな年寄でも知らぬものは無いのにいつ見ても十六七の若々しい顔付きをしていたからです。又ニコニコ小僧というのは、この小僧がいつもニコニコしていたからです。その次におし小僧というのは、この小僧が口を利いたためしが今迄一度もなかったからです。王様小僧というのは、この乞食が物を貰った時お辞儀をした事がなく、又人に物をれと云った事が一度も無いから付けた名前で、慈善小僧というのは、この小僧が貰った物の余りを決してめず他のあわれな者にもなく呉れてしまい、万一他人のあやうい事や困った事を聞くと生命いのちを構わず助けるから附けた名前です。その他不思議小僧、不死身小僧、無病小僧、漫遊小僧、ノロノロ小僧、大馬鹿小僧など数えれば限りもありませぬ。人々は皆この白髪小僧を可愛がりうやまい、又は気味悪がり恐れておりました。
 けれども白髪小僧はそんな事には一切お構いなしで、いつもニコニコ笑いながら悠々ゆうゆうと方々の村や都をめぐり歩いて、物を貰ったり人を助けたりしておりました。
 或る時白髪小僧は王様の居る都に来て、その街外まちはずれを流れる一つの川の縁に立っている大きな銀杏の樹の蔭でウトウトと居睡いねむりをしておりました。ところへ不意に高いけたたましい叫び声が聞こえましたから眼を開いて見ると、つい眼の前の川の中にどこかの美しいお嬢さんが一冊の本を持ったまま落ち込んで、浮きつ沈みつ流れて行きます。
 これを見た白髪小僧は直ぐに裸体はだかになって川の中に飛び込んでその娘を救い上げましたが、間もなく人々の知らせで駈けつけた娘の両親は、白髪小僧に助けられて息を吹き返した娘の顔を見ると、ただもううれし泣きに泣いて、れた着物の上から娘をしっかりと抱き締めました。そして直ぐに雇った馬車に娘と白髪小僧を乗せて自分の家に連れて行きましたが、その家の大きくて美しい事、王様の住居すまいはこんなものであろうかと思われる位で、お出迎えに出て来た娘の同胞きょうだいや家来共の着物に附けている金銀宝石の飾りを見ただけでも当り前の者ならば眼をわして終う位でした。しかし白髪小僧は少しも驚きませんでした。相も変らずニコニコ笑いながら悠々と娘の両親に案内されて奥の一室ひとまに通って、そこに置いてある美事な絹張りの椅子に腰をかけました。
 ここでうち中の者は着物を着かえた娘を先に立てて白髪小僧の前に並んでお礼を云いましたが、白髪小僧は返事もしませぬ。矢張りニコニコ笑いながら皆の顔を見まわしているばかりでした。
 お礼を済ましたうち中の者が左右に開いて白髪小僧を真中にして居並ぶと、やがて向うの入り口から大勢の家来が手に手に宝石やお金を山盛りに盛った水晶のはちを捧げて這入はいって来て、白髪小僧の眼の前にズラリと置き並べました。その時娘のお父さんは白髪小僧の前に進み出て叮嚀ていねいに一礼して申しました。
「これは貴方あなたの御恩の万分の一に御礼するにも当りませぬが、ただほんの印ばかりに差し上げます。御受け下さるれば何よりの仕合わせで御座います」
 白髪小僧はそんなものをマジマジ見まわしました。けれども別段有り難そうな顔もせず、又要らないというでもなく、家来共の顔や両親や娘の顔を見まわしてニコニコしているばかりでした。この様子を見た娘の父親は何を思ったか膝を打って、
ほど、これは私が悪う御座いました。こんな物は今まで御覧になった事がないと見えます。それではもっと直ぐにお役に立つものを差し上げましょう」
 と云いながら家来の者共に眼くばせをしますと、大勢の家来は心得て引き下がって、今度は軽くて温かそうで美しい着物や帽子や、お美味しくてほおベタが落ちそうな喰べ物などを山のように持って来て、白髪小僧の眼の前に積み重ねました。けれども白髪小僧は矢張りニコニコしているばかりで、そのうちに最前の午寝ひるねがまだ足りなかったと見えて、眼を細くしてむたそうな顔をしていました。
 大勢の人々は、こんな有り難い賜物たまものいただかぬとは、何という馬鹿であろう。あれだけの宝物があれば、都でも名高い金持ちになれるのにと、あきれ返ってしまいました。娘の両親も困ってしまって、何とかして御礼を為様しようとしましたが、どうしてもこれより外に御礼の仕方はありませぬ。とうとう仕方なしに、誰でもこの白髪小僧さんが喜ぶような御礼の仕方を考え付いたものには、ここにある御礼の品物を皆ると云い出しました。けれども何しろ相手が馬鹿なのですから、まるで張り合いがありませんでした。