絶望(ぜつぼう)

『オイ/\何處どこへ行くんだよ。』
 とおだいと云ふ裏町のお師匠さんが、柳町やなぎちやうの或寄席よせの前のきたない床屋から往來へ聲をかける。
 聲をかけられたのは、三人連にんづれの女である。いづれしま無地むぢかの吾妻アヅマコートに、紺か澁蛇しぶじやかの傘をして、めかし込んでゐるが、聲には氣もつかず、何やら笑ひさゞめきながら通過ぎやうとする。
『オイ/\、素通すどほり不可いけないよ。』とお大は一段聲を張あげてれつたさうに、
こゝにお大さんが控えて居るんだよ、莫迦野郎ばかやらうたゞは通しやしないよ。』
 三人のうちで、一番たけの高いお山と云ふ女がひよい振顧ふりむくと、『可厭いやだよ。誰かと思つたらお大なんだよ。』と苦笑にがわらひしながらばつが惡いと言ふていで顏を見る。
『フン、また芝居だろ。』とお大は赭顏あからがほに血走つたやうな目容めつきをして、『い年をして好い氣だね。』
 お山と云ふのは、もう三十四五の年増としまである。お大の姉で、これ常磐津ときはづのお師匠さんなのだ。亭主が此塲末の不景氣な床屋で、うちには小供が三人まであるが、其等それらは一切人のい亭主にたゝきつけておいて、年中近所の放蕩子息のらむすこや、若い浮氣娘と一緒になつて、芝居の總見そうけんや、寄席入よせつぱいりに、浮々うか/\と日を送り、大師詣だいしまゐりとか、穴守稻荷あなもりいなりとか、乃至ないしは淺草の花屋敷とか、團子坂の菊とか云ふと、眞先に飛出して騷※(「廴+囘」、第4水準2-12-11)る。
 一二年前までは、妹のお大を臺所働だいどころばたらきやら、子供のもりやら、時偶ときたま代稽古などにも使つて、あごで追※(「廴+囘」、第4水準2-12-11)してゐたものが、今では妹の方が強くなり、町内の二三の若者が同情して、後楯うしろだてになつてくれたのを幸ひ、姉と大喧嘩をして、其まゝ別れ、別に一世帶構へることになつた。其以來二人は前世ぜんせかたきか何ぞのやうに仲が惡い。
 お山は二あしあし進寄つて、『何だよ大きな聲で……芝居に行かうと、何に行かうと餘計なお世話ぢやないか。お前に不義理な借金をてありやしまいし。』と言つて奧を窺込のぞきこむと、丁度凸凹でこぼこなりの姿見の前で、職工風の一人の男の頭にバリカンをかけてゐる、頭髮のモヂヤ/\した貧相なこゝの親方に、『今日こんちは。』と挨拶する。
 親方はガリ/\りながら、『よく降るぢやござんせんか。今日は本郷座ですね。』
『ハア、今日はお義理でね。眞實ほんとうに方々引張られるんで、遣切やりきれやしない。今日あたりうち寐轉ねころんでる方が、いくらいか知れやしない。』
うまく言つてるよ。』とお大は嫣然につこりともしない。
 床屋はちよい/\お山の顏を見ながら『お山さんは、何時いつでも引張凧ひつぱりだこだからね。』
『誰が引張るもんか。』とお大は相變らず喧嘩腰で、焦燥いら/\しながら『子供に襤褸ぼろを着せておいちや、年中役者騷ぎをしてゐるんぢやないか。亭主こそい面の皮だ。』
『何だね此人は。さう云ふお前は何だえ。』とお山は憎さげにお大の顏を見詰めて、『今日は酒にでも醉つてるんぢやないかい。可厭いやに人に突かゝるぢやないか。アヽ解つた、お前此頃松公まつこうにげを打たれたと云ふから、其で其樣そんなに自棄糞やけくそになつてるんだね。道理で目の色が變だと思つた。オヽ物騷々々!』
 床屋は『ウフヽ』と氣味の惡い笑方をする。
『大きにお世話だよ。』とお大は憤々ぶり/\して、『お氣毒きのどくさまだが、松公は此方こつちが見切をつけて縁を切つたんだよ。如彼あんなひよつとこの一人や二人、欲しけりや何時いつでも貴方あなたに上げますよ。』
『チヨツ莫迦ばかにしてるよ。松公はもと/\此方こつちの弟子ぢやないか。其をお前が引張込んで、散々さんざツぱら巫山戯ふざけ眞似まねをして置いて……』とだ何か毒づかうとしたが、急に周圍あたりに氣がつくと、低聲こごゑになつて、『ふうが惡いよお前は……。』
 お大は急に行詰つて、『アヽ何とでも言ふがい。わたしふうが惡いんだよ。』
『其にお前、昨夜ゆふべも宵の口にお前のうちの前を通つたら、ぴつたり戸を締めて、隣の洗濯屋の婆さんに聞いたら、其前の晩から歸らないつて言つてたよ。肝腎かんじん稼業かげふのお稽古もしないで、色情さかりのついた犬みたやうに、一體何處どこ彷徨うろついて歩いてゐるんだよ。』